【彼女 作り方】元カノ・好きな女性に「振られた男の6つの特徴」と「絶倫!!モテ男になる方法」Part①

復縁メール

「彼女に突然別れを告げられた…ケド、自分の何が悪かったのかわからない」

 

「好きな女性と“いい感じ”と思っていたら、突然避けられるようになった…何でなの?」

 

「合コンや街コンに参加して、婚カツしてるけど、全然うまくいかない…自分に何が足りないの?」

 

「彼女に距離を置こうって言われた…相手の気持ちが全くわからない…」

 

「自分に自信がなくて、恋愛に積極的になれない。どうしたら彼女ができるような男になれるの?」

 

このようなことで悩んでいる、ブロンズ男達へ。

 

ゴールド!!男塾、塾長永峰あやが、

 

・【彼女 作り方】元カノ・好きな女性に「振られた男の6つの特徴」と「絶倫!!モテ男になる方法」Part①

 

についてお伝えします。

 

もし、あなたがこれを知らなければ…

 

・婚カツしてせっかくLINE交換した女性に「自分の好みばっかり押しつけてウザ!」と避けられ、音信不通になります(※もちろんあなたはらウザがられた理由を知るよしもなし~)

 

・「俺のこと好きだったら、ガマンしたり尽くしてくれるのは当然」と、あなたの当たり前体操に、彼女は「cowcowかよ!」と逃げ出します

 

・「食べてばっかりいるから痩せなくて当然だよ!」というあなたの得意満面のアドバイスに、彼女は傷つき、離れていきます

 

でも、もし、あなたがこれを知ることができたら…

 

・「あなたと一緒にいると、いつも安心して何でも話せる!」と好きな女の子のほうからすり寄ってきます

 

・「やっぱり、本当の私のことをわかってくれるのはあなただけ!」と元カノから復縁の申し出を受けます

 

・「あなたって地味だけど、他の男性とは格段に違うよね!」と合コンや街コン、ありとあらゆる婚カツシーンでモテまくります

 

はじめは、ちょっと、お耳の痛~い話かもしれないけど、真実を知れば、あなたにとっていいことのてんこ盛り!

 

ハンバーグと、クリームコロッケと、ソーセージと、スクランブルエッグと、あと、チーズも!って、ココイチのカレーにトッピング盛りすぎだから!

 

ってなわけで、あなたがクドくて吐いちゃうぐらいモテ男になるために、がんがん読みすすめてくださいね。

 

彼女に振られた、彼女ができない、元カノと復縁できない「クソ男の6つの特徴」

私は、これまで10000件以上の男女の恋愛相談を受けてきました。

 

そして、日々、これらの相談レポートを集計、分析し、みなんさんの恋愛、復縁、婚カツ等に役立つ情報を配信しています。

 

 

そのひとつとして、

 

1)元カノに別れを告げらた男性の「別れの原因」

 

2)好きな女性に振られた男性の「振られた原因」

 

3)彼氏との関係がうまくいっていないと訴える女性の「彼氏に対する不安、不満の原因」

 

4)彼氏に別れを告げた女性の「別れを告げた理由」

 

の4つを集計、分析した結果、

 

・元カノ、彼女、女性に振られた男性には6つのクソ特徴がある

 

ことが判明しました。

 

その6つとは?

 

【特徴1】「連絡をまめにする」「好きという」「デートの約束を守る」などの女性への愛情表現やコミュニケーション(会話)を大切にしない(女性の気持ちに共感しない)

 

【特徴2】何かと母親を持ち出したり、「俺のことわかってよ」「もっと俺に~してよ」等、幼児が母親に求めることと同じことを女性に要求する

 

【特徴3】女性の過去の男体験(恋愛、セックス)に耳を塞いだり、キレて批判する(※女性が処女である、性的にうぶ、無垢であることにこだわる)

 

 【特徴4】「もっと痩せたほうがいい」「その服は似合わない」等、女性の「容姿」にいちいち介入してくる

 

【特徴5】嫉妬深く、しつこい。浮気を疑う

 

【特徴6】浮気する。誠実じゃない

 

いかがでしょうか。あなたは上記6つのうち、当てはまっている特徴はありますか?

 

ちなみに、どれかひとつでも当てはまるものがあればアウトです。

 

絶対に彼女ができませんし、できても必ず別れを告げられます。

 

あなたに当てはまるものが3つ以上あったら?

 

ちーん。こっこ。南無阿弥陀仏。ブロンズ男、どころか戦力外追放です。

 

ただ、、、、、、。安心してください!!!

 

私に恋愛相談してくださる男性達は、大半の方が3つ以上の特徴に当てはまり、6つの特徴全てを持っていた方もたっくさんいらっしゃいます。

 

そんなクソ男たちも、私の「6つの特徴の具体的な解説」と、「絶倫!!モテ男になるための方法」をお伝えして、全方位的にモテる男に大変身しています。

 

6つの特徴を知り、改善策に取り組んだ男性の中で、早い方は3週間程で、

 

・元カノや好きな女性に「いい男に変わりすぎて逆に恐い…何かあったの?」

 

・男友達や職場の上司に、「別人のようだけど、薬でもやってるの?」

 

と周囲から驚嘆と賞賛の声をかけられるほどに変化しています。

 

ここからは、「クソ男の6つの特徴」のうちの【特徴1】について、そして「クソ特徴1」を「絶倫!!モテ男に変える」ことにフォーカスして詳しく解説します。

 

(※特徴2~6については、別の記事で、ひとつひとつ詳しくお伝えしますね。そちらもこうご期待!)

 

読むだけで、あなたの人生が180度変わるので、目ん玉をひんむいて熟読してください。

 

おおっと!目ん玉がポロリしっちゃってるぞん☆お気をつけて~

 

【振られたクソ男の特徴1】「連絡をまめにする」「デートの約束を守る」などの女性への愛情表現やコミュニケーション(会話)を大切にしない

男性が女性に別れを告げられたり、振られてしまう具体的なシチュエーションでもっとも多いのが

 

・彼が仕事(あるいは仕事にまつわる国家試験や資格試験等)で忙しくて、私(彼女、女性)への連絡や「会う時間」が減ったから

 

というものです。

 

これについての男性側の言い分は、「仕事は最優先しないといけないことだから、彼女との接点が減っても仕方ない」。むしろ、「彼女を愛しているからこそ仕事に集中しているのに、不安や不満を訴えられても困る」。

 

「将来、彼女と結婚してしあわせにしたいからこそ、連絡やデートを減らしてでも、仕事(資格試験)をがんばっているんだ!」

 

すなわち、相手の女性のことを「ないがしろ」にしているのではなく、むしろ「愛しているから」こそ「女性と一緒にいる時間をガマンして、仕事に集中している」という思いが強い場合があります。

 

一方女性側の言い分は、「私は仕事が忙しくても、女友達との約束等、他のことを犠牲にして、彼に連絡したりデートの時間を合わせたり最優先にしている。

 

「私はあなたを最優先にしているのに、なぜ、あなたは私と同じようにしてくれないの」。

 

「私のことを本当に好きだったら、仕事が忙しくても、工夫して、私と一緒にいる時間を作ってほしい」。

 

すなわち、相手の男性のことを、「愛しているから」こそ、「他のことを犠牲にして一緒に共有できる時間を持とうとしている」。

 

だから、あなたが私のことを愛しているなら、「同じように」してくれるはずだし、そうでなければ、私のことを愛していないのだ。このように捉えています。

 

このように、男女両者の思いを比較してみると、今回のテーマとは矛盾しますが、男性の側がクソとも、どちらが悪いとも言い切れないのです。

 

男女それぞれ、違った価値観を持っていて、お互いに自分の考えに固執して、「自分が正しい、相手が悪い」とジャッジして主張するから、うまくいかないといえます。

 

(冒頭から、私が「クソ男」なんて言うから、恐怖と不快感でうんこ漏らしちゃってませんか?ごめんちょ☆)

 

相手の価値観を理解し、ときに自分の考えは脇に置いて、相手に寄り添うことができれば、関係が断絶することはありません。

 

私の相談の経験上、相手の価値観に寄り添わずに、「自分が正しい」とジャッジして主張したり、

 

あるいは「無視、無言」のまま回避して「なかったことにすれば、自然と自分の思い通りになるだろう」という傾向は男性の方が強い印象があります。

 

男性であるあなたを非難しているのではなく、女性の方が、積極的に「対話」すなわち「違う価値観を持っていても、コミュニケーションによって折り合いをつけよう」という態度を示してるケースが多いです。

 

にもかかわらず、男性は、「対話」することを「拒絶」したり、「回避」するため、うまくいかない。

 

私達日本人は、恋人同士、夫婦、家族の成員同士といった親しい間柄に対して、「自分とは別の個人」として尊重せず、「相手の領域」に平気で踏み込み、「自分と一心同体」のように扱いがちです。

 

しかし、「持続的に深い絆の関係」を作っていくためには、、、本当の意味で「親しい間柄」になるためには、、、「ひとりの個人」として尊重し、互いに創意工夫しながら関わりあっていくことが必須です。

 

ここからは、男性であるあなたが、大好きな女性とうまく「対話」できないカラクリを明らかにしならがら、絶倫!!モテ男になる方法をお伝えします。

 

「男らしさ、女らしさという思い込み」のワナ。「ジェンダー・ステレオタイプ」とは?

私は、男性であるあなたに「女性心理」についてお伝えする際に、「男性心理」とは別のもの、「男と女は違う」という言い方をします。

 

実は、この「やっぱり男と女は違う」「やっぱり男は女より強い」といった類のことは、「女性と男性についての思いこみ」にすぎず、心理学では「ステレオタイプ」といいます。

 

女性、男性といっても、当たり前ですが、ひとりひとり違う人間です。

 

女性の特徴、男性の特徴があったとしても、その特徴は、時代や社会、国や文化によっていろいろです。

 

にもかかわらず、私達は、盲目的に、「男らしさ」「女らしさ」というものが、万国共通で、生まれる前から備わっているものだと信じて疑わず、「思い込み」に縛られて生きているのです。

 

つまり、この「女性と男性についての思いこみ」によって、知らず知らずのうちに、あなたやあなたの好きな女性の心理は形成され、それに見合ったふるまいをするようになるのです。

 

えええ?知らなかったの?そうなの!そうなの!そうなのよん☆ あなたは、本来「自分らしさ」を持っているにもかかわらず、思い込まされた「男らしさ」に縛られちゃって「不自由」になっちゃってるんですのよ。うふふ。

 

女性・男性という二つの性は、「セックス(生物学的性)」と「ジェンダー(社会的性)」が絡み合ってできています。

 

「恋愛」「性愛」という「男と女の心と身体の関わり合いを積み重ねる行為」には、「ジェンダー(社会的性)」すなわち、「女性と男性についての社会の中での“意味づけ”や”期待”」が大きく影響しているのです。

 

近代以降、ヨーロッパ諸国や日本など、多くの社会で、それぞれの性にふさわしい行動や特性、すなわち「性役割」として、

 

・【男性】:経済力、強さ、支配力、厳格、感情的でない、活動的、積極性など

 

・【女性】:良妻賢母、家庭的、従順、弱い、感情的、愛想がある、依存的など

 

が期待されてきました。

 

このように、男性と女性の「性役割」を上げてみると、今回の、「男は仕事に集中することこそ相手への思いやり」「愛があれば互いに共有できる時間を持ちたい」というすれ違いのカラクリが見えてきますよね。

 

当然ながら、あなたも含め、人というのは、社会に適応していくために、その社会の期待に合った、特性や行動を身につけ、実践していきます。

 

(※まあ、私のような、社会からはみだすことが大好きな輩もたま~にいますがね。はみだしだ~い好き!)

 

としたときに、あなたが「女性心理」をわからないクソ男だから、「愛情表現」せずにフラれた、というよりは、社会に適応するために、自分の「性役割」を身につけて、忠実であったにすぎないとも言い換えられます。

 

そう、あんたは、好きな女性からは「クソ男認定」を受けたけど、別の見方をすれば、真面目で疑うことを知らない善良な社会適応者だってことよ。だから、自分を責めなさんな!

 

ただ、それが、大好きな彼女の「性役割」とは違ったから、フラれてしまった…

 

なので。

 

今後、あなたが絶倫!!モテ男になるためには、

 

・男性と女性の、それぞれの「性役割」を知り、女性の「性役割」に配慮した行動をとる

 

ということをしてください。

 

細かい小手先の女を落とすためのテクニックを知るよりも、恋愛心理学的な「本質」部分をおさえちゃったほうが、再現性が高いし、応用がききます。

 

ここからは専門的な内容になりますが、知りさえすれば、幅広く、全ての女性に応用可能なので、スルメを噛みしめるように、味わいながら読みすすめてください。

 

【男と女の性役割】恋愛における「仕事で忙しいから仕方ない」男性心理と、「もっと連絡してほしい」女性心理

ジェンダー・ステレオタイプ(男性と女性に対して人々が共有する、構造化された思い込み)についての、専門家の研究を紹介します。

 

心理学者の柏木恵子は、

 

・男性役割は「知性の因子」と「行動力の因子」

 

・女性役割は「美と従順の因子」

 

にまとめられるとしています。

 

身体的、知的、性格的、社会経済的領域に渡る、34項目の形容詞対を容姿、被験者は、各項目の男性にとっての望ましさ、女性にとっての望ましさを評定しました。

 

その結果、被験者の性別や年齢層(中学~大学生)を超えて、女性以上に男性に望まれたのは、「背が高い」「活発な」「意志強固な」「仕事に専心する」で、男性以上に女性に望まれたのは、「行儀よい」のみでした。

 

また、アメリカの社会学者のタルコット・パーソンズと、ロバート・ベールズは、

 

・男性役割は「道具性」

 

・女性役割は「表出性」

 

という言葉で対比しています。

 

これらは、両者が「家族における役割」を分析した結果から、出した概念で、

 

・男性役割の「道具的役割」とは、生計維持を中心とする役割であり、その役割遂行を促進するような性格が「道具性」

 

・女性役割の「表出的役割」とは、家族の世話や愛情に関与する役割であり、その役割遂行を促進するような性格が「表出性」

 

ということです。

 

また、基本的な生命のあり方を示した概念として、ベイカンは、「作動性」と「共同性」を提起して、「作動性」を「男性的特性」、「共同性」を「女性的特性」の核であるとしました。

 

・「作動性」とは、一人の人間として個人のめざすべき特性を表したもので、「自己擁護」「自己主張」「自己拡張」「達成への促進」「分離」「孤独」など
であり、「男性的特性」の核として位置づけました。

 

一方、

 

・「共同性」とは、大勢の他者の中にいる個人としてめざすべき特性を表したもので、他者と一緒にいるという「感覚」「接触」「結合」「契約のない協力」など

 

であり、「女性的特性」の核として位置づけました。

 

これらの、専門家の研究をみていくと、「恋愛において女性にフラれる男性の【特徴1】」が、「性的役割によって発生したものだ」ということがわかりますよね。

 

(※読んでるうちに忘れちゃった人へ。

 

【クソ男の特徴1】は「連絡をまめにする」「好きという」「デートの約束を守る」などの女性への愛情表現やコミュニケーション(会話)を大切にしない(女性の気持ちに共感しない)

 

どえーす。私の記事って、長いから、復習のためにも書いとくね!)

 

男性が、仕事(その他自分のやりたいこと)を優先して、女性への愛情表現やコミュニケーション(会話)を大切にしなくなってしまうのは、

 

男性が「仕事に専念する」「生計維持を中心とする役割」といった性役割の期待にそって行動しているからです。

 

その性役割に忠実であるから、男性の女性に対する「愛情表現」は、「愛しているからこそ彼女と一緒にいる時間をガマンして、仕事に集中する」となるのです。

 

一方、女性は、「家族の世話や愛情に関与する役割」が期待されているため、「私は仕事が忙しくても、他のことを犠牲にして、あなたとの時間を最優先にする」ことこそ愛情だと思い行動します。

 

しかし、男性は、自分と同じような愛情表現をしてくれないので、不安や不満を抱き、、、最終的に、、、別れを告げるのです。

 

さらに、このような「男女のすれ違い」が起こったときに、女性は「対話しよう」と歩みよるにもかかわらず、男性は「自分が正しい」とジャッジして主張したり、「無視、無言」のまま回避してしまうのも、「性的役割」の思い込みによるものだといえます。

 

他者と一緒にいるという「感覚」「接触」「結合」「契約のない協力」を自らの役割とする女性は、彼氏やパートナーと「関わり合う」ことを強く求め、すれ違いが起これば「協力しあって乗り越えよう」とします。

 

一方、「自己擁護」「自己主張」「自己拡張」「達成への促進」「分離」「孤独」を自らの役割とする男性は、「自分の仕事や使命を達成する」ことに励み、女性が「対話」を求めても、「自己主張や無視」をして、自分の意見を押し通そうとしてしまうのです。

 

※誤解しないでほしいのが、人は、「ジェンダー・ステレオタイプ」だけに影響されているわけではありません。

 

その人特有の遺伝的要因や、親のしつけや学校教育、その他の体験によっても影響されます。

 

それらの影響によって、男性であっても、仕事より家事が好きという人もいますし、女性であっても、仕事で自分の意見を貫き、上昇していくほうが合っているという人もいます。そのことをお忘れなく、ね☆

 

最後にまとめると。

 

【まとめ1】:女性のフラれるクソ男の【特徴1】は、「連絡をまめにする」「好きと言う」などの女性への愛情表現やコミュニケーション(会話)を大切にしない、ということである。

 

【まとめ2】:クソ行動をとってしまうのは、その男性本人が悪いのではなく、「男と女についての思い込み」すなわし「ジェンダー・ステレオタイプ」によるものである。

 

【まとめ3】:絶倫!!モテ男になるためには、「ジェンダー・ステレオタイプ」について正しく認識し、自分の「男らしさという性役割」に固執せず、相手の女性の「女らしさという性役割」について理解を示すことが大切である。

 

【まとめ4】男性である、あなたの性役割は「仕事に専念すること」「経済力」「自己主張」「達成への促進」で、女性である彼女の性役割は「家族や愛情に関与すること」「従順さ」「感覚」「契約のない協力」である。

 

【まとめ5】何よりも「仕事に専念すること」や「自己主張」など自分を誇示する傾向にあるあなたは、それらを一旦脇に置き、好きな女性の「あなたとの愛情を深めたい」「一緒に何かしたい」「共感しあいたい」に理解を示し、寄り添って行動する。

 

以上、いかがでしたか?

 

ここまで、深く、恋愛・性愛における、男女のあり方を追求している輩は、あんただけだよ!

 

周囲のクソ男たちの1000歩前を行っちゃてるあんたこそ、ゴールド男じゃ!

 

そいじゃ、このまま、好きな彼女の元へレッツゴー!イっちゃってね☆

 

永峰あや

 

恋愛心理