【恋愛依存症 克服】潜在意識で復縁成功!恋の脳内麻薬をテコに好きな人と付き合う2つの方法

復縁メール

↑↑↑↑↑↑↑↑

★★今回の記事に関連する【特別動画音声】です★★

ブログ記事には書かれていない、よりコアな内容を解説しています。

絶対に結果を出したい人は、必ず聞いてくださいね。

 

 

「彼女ができたけど、本当に自分のことが好きかどうか不安でたまらない…」

 

「元カノに新しい彼氏ができたけど、どうしても復縁したい…」

 

「好きな女性に振られたけど、あきらめられない。友達から恋人になりたい!」

 

アッチョンブリケ!永峰ピノコあやだよん!

 

今日は、好きな女性のことを考えると、いてもたってもいられないぐらい、不安やさみしさ、執着心が強い恋愛依存症ぎみな野郎たちへ。

 

・【恋愛依存症 克服】潜在意識で復縁成功!恋の脳内麻薬をテコに好きな人と付き合う2つの方法

 

についてお伝えします。

 

もし、あなたがこれを知らなければ…

 

・「恋の脳内麻薬中毒の症状」を、好きな女性への「愛情」と勘違いし続け、失敗します

 

・「人を好きになるとは?」「恋愛とは?」という当たり前のことが理解できていない自分自身に気づかず、相手の女性を傷つけ嫌われます

 

・「しつこい!怖い!普通じゃない!」と元カノに思われ、絶対に復縁できません

 

もし、あなたがこれを知ることができたら…

 

・脳内に発生する「恋のときめき」をエネルギーに変換させて、思い切った行動をとり、好きな女性と付き合うことができます

 

・「恋愛とは?」「好きな女性と恋愛するとは?」という本質的なことが理解できるゴールド男に成長し、好きな女性から、「付き合いたい!ずっと一緒にいたい!」と懇願されます

 

・別れの直後の不安、焦り、混乱、さみしさが一気に沈静化し、新しい彼氏から元カノを奪還!復縁することができます

 

「恋愛できない、モテない男はおかしい!」なんて風潮がありますが、そんなのはナンセンス!

 

そんな風潮、クソくらえでちゅ!あなたの恋愛がうまくいかないのは当たり前なんでちゅ!

 

だって、親も、学校も、会社も、

 

・女性を愛するとは、好きな女性と恋愛するとは、具体的にどういったことなのか?

 

について、教えてくれないから。

 

今日は、「好きな女性と恋愛するとは?」「恋のときめきの恐ろしいワナ」といったことをお伝えしつつ、新しい彼氏ができた元カノと復縁したい!と望む、カモンさんの相談に回答&復縁成功の方法を伝授いたちまちゅ!

 

永峰ピノコあや、張り切って回答するでちゅ!

 

それでは、ますは、カモンさんの相談からどうぞ。

 

【恋愛相談】元カノに新しい彼氏ができた…「友達」から「恋愛対象」になって復縁する方法はありますか?(カモンさん 20歳)

はじめまして、カモンといいます。僕は20歳で、社会人として働いています。

 

その職場で2つ年上の女性がいます。その女性と1ヶ月ほどお付き合いをしていました。

 

僕が彼女があまり自分の事が好きではないのかなと不安に思っていて、その事を聞いたら「友達の好きと同じ」と言われ別れることになりました。

 

もう別れて3ヶ月ほどたちますが僕は諦められないでいます。

 

その子のことが気になって別れてから毎日ラインしています。

 

ですが、先日彼氏ができたらしいです。

 

正直諦めたいけどなかなか諦められません。この状況での復縁は可能なのでしょうか。

 

よろしくお願いします。

 

好きな女性にその気がなくても、元カノに新しい彼氏がいても、付き合える可能性はあります!ただし…

彼女と付き合っている最中も「僕のことを本当に好きかどうか不安…」で。

 

別れた後も、3ヶ月間毎日元カノにラインしている…

 

カモンさんは、強烈な不安や焦りの気持ちが伝わってきますね。

 

あなたも、同じ男性として、カモンさんの気持ちに共感する部分がたくさんあるのではないでしょうか。

 

好きな人があなたのことを恋愛対象として見ていなくても、あなたが非モテ男子でも、元カノに新しい彼氏がいても、不安や焦りといった、「恋の脳内麻薬中毒」に犯されなければ、うまくいく可能性は十分あります。

 

「恋の脳内麻薬」によるショックや恐怖から、衝動的な行動や言動をしてしまうから、うまくいかないのです。

 

冷静になって、自分自身の気持ち、相手の気持ち、状況を、客観的に見つめなおしていけば大丈夫!

 

わたくし、永峰ピノコ!

 

カモンさんの不安を取り除いて、絶対にしあわせにしちゃいまちゅから、あたちにちゅいてきてくだちゃいね!

 

シーウーノアラマンチュ!

 

「友達として好き」と「異性として好き」の違いとは?

「彼女があまり自分のことを好きではないのかなと不安に思ってて・・・」

 

「“友達の好きと同じ”と言われ別れることになって・・・」

 

カモンさんの言動を聞くと、そもそも、

 

・人を好きになるとはどういうことなのか?

 

について、深く考えたことがない、感じたことがないといった印象がありますよね。

 

そもそも、「友達として好き」と「異性として好き」は全く違うものなのでしょうか?

 

相手の女性が、自分のことを「ものすごく好き」「あまり好きではない」をどのようにして計っているのでしょうか?

 

あなたは『ねるとん紅鯨団』というテレビ番組を知ってますか?

 

私、永峰ピノコは、もち、知ってまちゅけど・・・

 

若い世代の人は、知らないかもしれませんね~。ふー。

 

フジテレビでは1987年~1994年1まで、毎週土曜 23:00~30分間放送されていた、一般の男女を募っての集団お見合いする番組で、司会はとんねるず。

 

毎回、違うロケ地で、恋人を求める男女が交流して、カップル成立!といった内容なのですが。

 

※詳細はウィキってください。

 

男性が女性に告白するシーンで、一番よく耳にした「告白のセリフ」が、

 

男性:「まずは友達から、お願いします!」

 

女性:「こちらこそ、お願いします!」

 

でした。

 

これって、「友達として、男女交際する」っていうことですよね。

 

つまり、「友達として好き!という感覚で恋愛する、付き合う」ことが世間一般的に当たり前だったということです。

 

ねるとんが大好きだった私自身も、これが当たり前の感覚だったので、付き合って1ヶ月しかたっていないのに、「友達と同じ感覚」と言われて別れるカモンさんに

 

???????

 

アッチョンブリケ!(訳:驚いた!)

 

カモンさんも、不安になって、「友達だったら恋愛できない!」と決めつけず、もっと関わり合いを深めていけば、「友達感覚」以外の、「家族みたい!」「尊敬できる人!」「異性としてものすごく魅かれる!」といった、

 

 

「家族愛」「師弟愛」そして「男女間の愛情」といった感覚を持つことができたんじゃないかな~って思います。

 

※ねるとんの話を出すと、“昔”は「友達として好き!という感覚で恋愛する、付き合う」っていうことが世間一般的だった。”今”は違う!

 

と聞こえがちですが、そういったことではりません。

 

この感覚は、冷静に、自分自身の心の動きと、相手の女性の心の動きを感じとることができれば、昔も今も、みんなが当たり前にしていることですので誤解のないように!

 

後ほどお伝えしますが、友達から異性として好きになることはよくある話ですし、恋愛初期の「恋のときめき」が落ち着いてくれば、「友愛」「家族愛」に近い感覚で付き合っている男女もたくさんいます。

 

 

実は、カモンさんだけではなくて、「恋のときめき」という脳内麻薬に振りまわされて、自分の「こころ」で相手を「感じる」ことが全くできていない男性が非常に多いです。

 

それでは。

 

本当に初歩的ですが、とても大切なことである「人を好きになる気持ち」について考えてみましょう。

 

「人を好きになる気持ち」とは?

家族、友達、職場の上司、など、男性か女性であるかにかかわらず、あなたが「この人好きだな!」と思うとき、どのような心の動きがありますか?

 

・一緒にいて楽しい

 

・もっと話したい

 

・どんなことを考えているのか気になる。その人のことをもっと知りたい

 

・とにかくおもしろい

 

・ずっと一緒にいたい

 

・尊敬できるから、近くにいていろいろ学びたい

 

・なんかひかれる

 

・居心地がいい、安心する

 

・他の人に話せないことを話せる

 

・自分のことをわかってほしい、認めてほしい

 

このような感覚を抱くのではないでしょうか。

 

よおーく、読み直して、味わってみると、「人を好きになるときの心の動き」は、「特定の女性を好きになる、異性として好きになるときの心の動き」とかなり似ていますよね。

 

実は「人を好きになる気持ち」と「異性として好きという気持ち」は、全く違うものではなく、重なり合っている部分が多く、明確には分かれていないのです。

 

「友愛」「家族愛」「師弟愛」などの愛情、愛という感覚と、特定の女性への「恋愛感情」は同じ感覚もあり、区別できないものなのです。

 

「友達として好き」から「異性として好き」になる可能性はあるの?

それでは、「友達と同じ」と言われたカモンさんが、元カノに「異性として好き」になってもらえる可能性はあるのでしょうか?

 

結論から先に言うと、「あります」。

 

もちろん、あるでちゅよ!あんちんちてくだちゃい!byピノコ

 

例えば、あなたは、こんなことはないですか?

 

・仲の良い女友達と思っていた女性の、ふとしたしぐさにドキドキして、「女性として好きかも!」とソワソワしてしまった…

 

・女友達の失恋の話しを聴いていて、彼女の涙を見たら、急に「守ってあげたい」という思いが高ぶってきて、女性として好きになっていた…

 

あるとき、ふっと、「女友達」を「異性」として好きになっていることに気づく。

 

これは、女性だって同じようにあります。

 

・職場の同僚男性の、一生懸命な姿に、「この人ってステキ!もしかして好きかも!」とドキドキしてしまった

 

・一緒に飲んで、愚痴を聞いてくれている男友達の視線に、「真剣に、やさしく受け止めてくれている!なんかいいな!」と少しずつ特別な異性として見るようになっていった…

 

いつの間にか、知らず知らずのうちに、「男友達」を「異性」として好きになるといったことはよくあることなのです。

 

としたときに、

 

「楽しいし安心するから友達でいたいという心理」と、「尊敬できる人と一緒にいたいという心理」と、

 

「何でも話せる、わかりあえる親友でいたいという心理」と、「異性として、その女性のことを好きという恋心」を、明確に区別することはできないといえます。

 

 

こういった、「人が人を求める心」というのは、延長線上に、つながってあるものなのです。

 

その線上を、行ったり、来たりしているのが、人の心だといえます。

 

あなた自身の心の動きを、ゆっくり感じてみてください。

 

好きな女性に対して、もちろん「ひとりの女性として、異性として好き」という感情を抱いていると思いますが、

 

一緒に仕事しているときには、「恋心」よりも「戦友のような友情」を強く感じたり、やさしくなぐさめてもらったときは、「子供が母親に抱くような感覚」になったり・・・

 

ひとりの女性に対しても、「恋愛感情」⇔「友情」⇔「家族愛」⇔「尊敬」⇔「恋愛感情」⇔「友愛」・・・と、つながる線上を、行ったり、来たり、毎瞬、毎瞬、違った「愛の感覚」を抱いているなと思いませんか?

 

 

カモンさんと元カノも、付き合っていたときには、互いに、このような延長線上を行き来するような感覚を抱きながら、日々、関わっていたといえます。

 

「恋のときめき」は、人を狂気へと駆り立てる「脳内麻薬」!

もちろん、「人を好きになる気持ち」と「異性として好き」の明らかな違いもあります。

 

あなたは、女性に対して、このような気持ちを抱いたことがあるのではないでしょうか。

 

・ドキドキする

 

・胸が締めつけられるような、息苦しさを感じる

 

・その人の近くにいるだけで、そわそわしてどうしようもない

 

・その人の側を通ったら、とても良いにおいがして、至福の喜びを感じた

 

・その人に触れたい、抱きしめたい、セックスしたいと思う

 

これが、「恋のときめき」というもので、「人を好きになる気持ち」や「何でもわかりあえる親友として好き」といったものにはないものです。

 

 

この、「恋のときめき」のエネルギーは強大で、良い方向にも、悪い方向にも、人を動かす力があります。

 

良い方向に使うことができれば、

 

「この人を一生、守っていくんだ!」

 

「絶対に、彼女をしあわせにしてやる!」

 

「どんな困難があっても、二人で乗り越えていくぞ!」

 

といった、新しい次元に飛び込む勇気や跳躍力となります。

 

しかし、悪い方向に行けば・・・

 

カモンさんは、悪い方向に行ってしまっている典型例ですし、恋愛がうまくいかない男性の大半が「恋のときめき中毒」にやられてしまっているので、詳しく説明していきますね。

 

恋をすると、人の脳は高揚状態になります。

 

脳内に放出されたドーパミンと呼ばれる神経伝達物質やエンドルフィンのような脳内麻薬、ステロイドホルモンや神経ペプチドの放出が増加するのです。

 

 

このドーパミンは、覚醒剤やコカインなどの麻薬によっても、脳内に大量放出され、濃度が上昇します。

 

ドーパミンは覚醒作用を持ち、脳を活性化させます。

 

つまり、恋のときめきと覚醒剤を使用したときの感覚は、とても似ているのです。

 

そのため、恋をしはじめると、やる気がわいてきて、仕事に集中的に取り組んだり、飲み会や趣味など、いろんなことに、積極的に行動するようになります。

 

疲れにくく、陽気な気分になって、ものすごく喋るようになったりもする。

 

脳内に増加したドーパミンや、その他の脳内麻薬が、甘い陶酔や高揚感をもたらしている状態が「恋のときめき」なのです。

 

しかし、そういった高揚状態が続くと、脳は疲弊してきます。

 

すると、怒りぽっくなったり、急に落ち込んだり…

 

感情の起伏が激しくなり、陽気な気分だったのに、何もやる気がしなくなり、不安や焦りから、心が不安定になってきます。

 

薬物依存症の人であれば、新しい薬を再度摂取して、高揚感を得るといった対応をするでしょう。

 

※もちろん、絶対ダメですが。

 

「恋のときめき中毒」の人であれば、もっと一緒にいたい、相手の愛を確かめたい、もっと自分を満たしてほしいという欲求が出てきて、とにかく、四六時中、LINEや電話をしたり、会えるときはずっと一緒にすごすといったことをする。

 

でも、相手の女性は「薬」ではなく、「人間」なので、必ずしも欲求に応えてくれるわけではありません。

 

カモンさんの、

 

>>もう別れて3ヶ月ほどたちますが僕は諦められないでいます。

 

>>その子のことが気になって別れてから毎日ラインしています。

 

という状態は、薬物依存の人のドーパミン中毒と同じで、「恋愛ときめき中毒」による脳内麻痺を起こしている状態といえます。

 

そのことによって、心理状態も異常をきたし、人によっては、

 

毎日、元カノの家の前で、いるか、いないか確認しに行っている

 

・通勤中も、仕事中も、四六時中、好きな女性のフェイスブックやツイッターの投稿やオンラインランプを確認してしまう

 

・モヤモヤした気持ちや、怒りを彼女にぶちまけてしまった

 

・嫉妬心から、過度に彼女を束縛してしまう

 

といった、狂気じみた行動をとってしまうのです。

 

 

カモンさんやあなたは、この状態になっていると思ってください。

 

悪い状態だから、ダメだ!と言っているのではないので、誤解しないでくださいね。

 

「僕には、復縁なんて無理だ・・・」

 

「俺は何をやっても、彼女なんてできない・・・」

 

こんなふうに投げやりには絶対にならないでください。

 

大切なのは、自分の現状を客観的に、マインドフルネスに観察し、把握することです。

 

今の自分は、恋愛特有の、脳内麻薬に犯されてしまって、冷静に考え、心で感じることができていない。

 

まずは、中毒症状を落ち着かせてから、元カノに接するようにしよう!

 

この地点に立つことが、成功への第一歩です。

 

第一歩を踏み出し、あなたの存在そのものを磨きあげていけば、こうした高揚感をエネルギーに変えて、思いがけないほどの行動に結びつけることができます。

 

ひとりで、ずっと、苦しかったですね!

 

でも、もう大丈夫!あなたの、不安、焦り、恐怖、混乱といった症状は、次第に落ち着いていきますから。

 

【恋愛依存症 克服】潜在意識を磨いて復縁成功!好きな人と付き合える2つの方法

最後に、カモンさんが復縁するための、具体的なアクションプランを2つ、伝授いたします。

 

方法1:「恋のときめき中毒」状態による、狂気を彼女に向けない。

今の「LINEを毎日しつづける」といった行動は、「恋のときめき」が悪い方向に行ってしまっている状態、

 

すなわち、恋愛の脳内麻薬中毒が引き起こす、狂気じみた行動です。すぐに、やめてください。

 

このようなことを女性にし続けていたら、相手は怖さや不安を感じて、離れていってしまいます。

 

①周囲の頼れる人に、ひたすら苦しみを聞いてもらう

 

②自分の感情を紙に書き出す

 

③情緒豊かな映画等を観て、自分の感情にどっぷり浸る

 

を実践して、中毒症状を緩和してください。

 

方法2:潜在意識にある第3チャクラの「不安・恐怖」の課題を解決し、磨いていく

カモンさんの「僕が彼女があまり自分の事が好きではないのかなという不安」は、「自信のなさ」「劣等感」からくるものです。

 

※今回はチャクラに関しては、詳細を割愛します。以下のブログ記事を参照にしてくださいね。

 

↓↓↓↓↓↓

【チャクラ、潜在意識の詳細記事】潜在意識にある第3チャクラの課題を解決&能力開発して、自分から振った元カノと復縁する3つの方法

 

人間の身体の周りは、目に見えない、エネルギーの輪が7つ回転しています。

 

その輪、すなわち7つのチャクラには、「人間がいかにして生きるべきかという真理」に関する情報が含まれていて、それを持って人は生れてくるのです。

 

7つのチャクラには、それぞれの、違った側面の「人生哲学」に関する情報が含まれています。

 

「恋愛すると、相手に愛されているかどうか不安になってしまう・・・自信が持てない」という男性の大半は、潜在意識レベルの、第三チャクラの課題でつまづいてしまっています。

 

 

第三チャクラの真理は、「個人の力を発揮すること」「自分の人生を思い通りに切り開いて生きているという感覚」を持つことです。

 

これは、「自信を持つこと」「プライド」とも関連することです。

 

人との比較や、勝ち負けの競争に囚われず、自分が決めた目標に対して、切磋琢磨して取り組み得た成果に対して「誇り」を持つ。

 

このような「プライド」を持って、「自信」を持って生きていれば、対人関係において、不安や恐怖は感じなくなります。

 

でも、自分の人生を自分の力で切り開き、一人の人間として地に足をつけて自立して生きている感覚がないと、人は、不安や恐怖を抱き、他人に依存したり、他人を思い通りにして、自分の不安や恐怖を埋めようとしてしまうのです。

 

 

・自分の中にある「不安」や「恐怖」は、恋人に埋めてもらうものではない。自分自身が、目標に対して、真剣に取り組み、成果が積み重なることに対して抱く「誇り」「プライド」「自信」しかそれらを一掃できない。

 

この潜在意識の中にある、第三チャクラに関する課題を解決し、才能へと変えていけば、復縁成功だけでなく、仕事、人間関係など、人生のあらゆる面が、うまくいきます。

 

仕事や生きがいを持っている活動でも、何でも良いので、あなたが夢中になれることに対して、目標を設定する。それに対して努力して結果を出す。

 

そうすると、プライドができて、人間としての魅力がアップします。

 

①1年後、自分がどのようになっていたいのか、理想のビジョンを紙に書き出す

 

※期間は3ヶ月後でも、半年後でもあなたのライフプランに合った期間を設定

 

※仕事、元カノとの関係、その他人間関係、やりがい、チャレンジしたいことなど、多角的な側面から未来デザインする

 

②理想に対して、今の自分の現実はどのような状態か、現状を紙に書き出す

 

※良い現状も、悪い現状も両方書き出す

 

③理想を現実化するために、どのような行動をすればよいか、アクションプランを作って、ひとつひとつ実行する

 

ということをしてください。

 

 

以上、

 

・【恋愛依存症 克服】潜在意識を磨いて復縁成功!好きな人と付き合える2つの方法

 

についてお伝えしました。

 

アッチョンブリケ!めちゃ、いい内容だったやーん!

 

これからも、永峰ピノコあやと一緒にしあわせつかんでいこーぜ!

 

ばいび☆

 

 

 

 

恋愛心理