すっかり友達としか見られないの元カノと復縁する方法

復縁メール

絡は取れるけど、進展はしないというあなたへ

あなたは元カノと連絡がうまく撮れるでしょうか?

 

 

まったく連絡が取れないというわけではないけれど、

なかなか距離が縮まらないという状況かもしれませんね。

 

 

ここでは、一定の距離を保ったまま膠着状態になり、

そこからうまく先へ進めることで復縁した方の事例をご紹介します。

 

 

Fさんと彼女は3年ほど前に別れていました。

 

 

その後、なんとなく連絡を取っていたものの、

Fさんは特に復縁を意識することもなく、

他の女性とおつきあいをしたこともありました。

 

 

 

ところが、

おふたりの共通の知人の結婚式で再会し、

Fさんは再度彼女の魅力に惹かれました。

 

 

 

それまでは気にしていなかったため、

たまに思い出したように連絡を取る程度だったのですが、

意識してしまうと思い切って連絡することができず、

私にところへ電話相談を受けにいらっしゃいました。

 

 

 

彼女には他にお付き合いをしている男性がいました。

 

 

かといって、

Fさんにお付き合いの詳細を話すほど、

親しい感じでもありません。

 

 

そこでまず、Fさんには

彼女に、今の彼について聞いてもらうことにしました。

 

 

 

どんな男性なのか?

楽しくやっているのか?

なるべき気にしていないそぶりで明るく聞くことを意識してもらいました。

 

 

 

電話で話をしたようですが、これまではずっと

メールのみのやりとりでしたので、

彼女は開口一番「珍しいね。どうしたの?」という感じでした。

 

 

 

別れて3年という月日からか、彼女も

普通の友達のような感じで、

警戒心も持っていないようでした。

 

 

Fさんが彼のことなどいろいろ聞いても、

彼女は普通に答えてくれました。

 

 

同じ会社の男性であること、

好きな時もあれば嫌いになる時もあること。

 

 

なるべき楽しげに彼女の現状を聞いていただのですが、

どう考えても自分とやり直す気配すら感じられない彼女の態度に、

Fさんは電話口で泣いてしまいました。

 

 

彼女は驚いて、なぜ泣くのかFさんに尋ねたのですが、

怖くてFさんは答えることもできず、ただ謝るばかりでした、

 

 

 

それ以来、彼女はFさんを面倒に感じたのか、

メールをしても返信が返ってきたりこなかったりという状況になりました。

 

 

厄介な感じさえしなければ、メールは返ってくる

 

このご相談を拝見して、まず感じたことは、

おそらく彼女にはFさんの気持ちは伝わっているということ。

 

 

 

というのも、電話で泣いただけでなく、

その後のメールもとても短い感化腕送られていたからです。

 

 

 

これまで彼女とFさんは3ヶ月に1度など、

本当に少ない頻度でやりとりをしてきました。

 

 

それなのに、急に電話をしてきて、急に泣いて、急にメールの頻度が上がった。

 

 

こうなると、彼女もピンときたはずです。

また、内容も明るいとは言えないものでした。

 

 

 

ですから、まずはこの点を変えてもらいました。

 

 

 

もっと明るい内容で、もっと頻度を落として連絡を取ってもらいました。

 

 

 

それから、泣いてしまったことに対しては

「彼女への気持ち」という本音を隠して

他の理由を伝えてもらいました。

 

 

その理由は「最近彼女と別れたこと」。

 

 

つまり、復縁を考えている彼女とは

別の女性のことを思い出して泣いてしまったという理由付けをしました。

 

 

 

少々苦しいですが、それでも彼女は、

自分のことではないと少しホッとしたのか、

以前よりはメールの返信率も上がりました。

 

 

 

「早く良い相手を探しなよ」と応援してくれたこともありました。

 

 

 

彼女にとってFさんは弟のような存在で、

今はまったく恋愛感情抜きで対応しているという感じでした、

 

 

 

あまりメールの頻度が高くなると

また彼女が勘づく恐れもあったので、

メールはなるべき付きに3回を超えないように、

それでいて彼女の反応がよければ、

何通かやりとりできるような内容を心がけてもらいました。

 

 

 

とはいえ、なかなか距離は縮まりません。

 

 

 

あれば何か変わるかなと思い、

打診してもらったのですが

 

「ふたりきりでは会えないよ。彼氏に申し訳ないし」

 

とのこと。

 

 

 

この答えは予測できたので、その際には

「あ、そうか。ごめんね。すっかり男女ということを忘れていたよ(笑)」

と明るく返してもらいました。

 

 

 

彼女の夢など、将来のことで話を盛り上げる

 

こうして、なんとなく決め手に欠ける状態でしばらくやりとりを続けていました。

 

 

 

ただ、少しずつ目に進めるために、なるべき将来のことや

これからの見通しなどの話題で盛り上げるように心がけてもらいました。

 

 

 

お互いに30代を超えていて、今後について考える時期でもあったからです。

 

 

今の仕事は果たして続けていく価値があるのか?

老後はこんなことがしたいな、などなど。

 

 

 

他愛もないのですが、ただの日常会話とは異なり、

なるべき彼の夢や希望を聞けるような対応をしてもらいました。

 

 

 

地道な努力ですが、徐々に彼女の返信率が上がってきて、

彼からもメールが来るようになってきました。

 

 

 

そこで、メールのやりとりがテンポよく続いている時に、

勇気を出して「よかったら飲みにでも行かない?」と誘ってもらいました。

 

 

 

すると、以前はノーだった彼女が

 

「軽く?いいよ」

 

と応じてくれました!

 

 

 

膠着状態がやっと動いた瞬間でした。

彼女と会った時は楽しく会話をし、また会う約束をして別れました。

 

 

 

最初はノーだった彼女がなぜ今回はOKしたのか?

 

 

 

ポイントは、前回断った際のFさんのたいおうにあります。

 

 

 

Fさんの返した

「あ、そうか。ごめんね。すっかり男女ということを忘れていたよ(笑)」

という返信。

 

 

ここで彼女は自分が考えすぎていたと思ったのでしょう。

 

 

 

警戒心が薄れたのだと思います。

 

 

そしてやりとりしていくうちにFさんの良さに気づいていき、

また興味を持ち始めたのだと思います。

 

 

彼女と会う際には、とにかく

「また会いたいな」と思ってもらえるように、外見を磨くこと、

彼の話をたくさん聞きだし、同調することなどを心がけてもらいました。

 

 

 

そうした度量の会があり、彼はあった際も楽しそうにしていたそうです。

プラス、集客として彼氏についての愚痴も聞けました。

 

 

 

徐々にFさんへと気持ちが傾いているのが、これで明らかとなりました。

 

 

こうして、

最終的に彼女は彼と別れ、

Fさんとやり直したいと告げたのです。

 

 

よくご意見に

「なかなか前に進みません」

「こんなメールのやり取りだけで、本当に復縁できるのですか?」

というものがあります。

 

 

しかし、こうした努力が少しずつ彼女の気持ちを動かし、

最後には大きな成果としてあなたに訪れることになるのです。

 

 

煮え切らない彼女に対して、

躍起になって復縁を迫ったことで、

おそらく逃げられてしまうでしょう。

 

 

なぜなら、

彼女とあなたとの温度差が大きいため、

彼女が引いてしまうからです。

 

 

それよりも、同じ温度に見せ続け、

その間にあなたの魅力彼に彼に知らせていくほうが、

彼の心も動くと思います。

 

 

Fさんのケースは、それを顕著にあらわした事例でした。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

永峰あや

 

hukuen-mail nagamine-banner3

 

 

 

恋愛心理