共通の知人を使うと復縁は簡単?

復縁メール

「共通の友人はいない」と思い込んでいませんか?

 

 

復縁の際、彼女と直接

コンタクトが取れればいいのですが、

 

取れない場合は

共通の友人を介して

連絡を取ることが有効です。

 

 

そう言うと

「なかなかそんな都合の良い友人なんていません」

「共通の友人はいません」

と思う方もいるでしょう。

 

 

しかし、彼女との

関係が希薄だったのでなければ、

 

なんらかの形で

共通の友人がいるケースは多いです。

 

 

たんに

「今は連絡を取っていない」

「共通の知人も彼と連絡を取っていないようだ」

という理由から、

 

 

自分の中で

「共通の友人はいない」

と思い込んでしまっているパターンもあります。

 

 

今回は、共通の知人ができて復縁したケース、

共通の友人がいない状況で復縁したケースを紹介します。

 

 

「積極的になったことから復縁を手繰り寄せた」Nさん(29歳)のケース

 

 

Nさんと彼女は、以前同じ職場に勤めていました。

 

 

しかし彼女が転職をしてから

休日が合わないことも多くなり、

一緒にいる時間も急激に減っていきました。

 

 

すれちがいも増え、ある日

彼女から別れを告げられました、

 

 

理由は「価値観の違い」

 

 

お互いを思いやれない

付き合いは意味がない

とのことでした。

 

 

結婚を視野に入れていたNさんは、

どうしても納得できず

彼女に別れたくないと伝えましたが、

答えはノー。

 

 

 

そこでNさんは

しばらく連絡を絶ちました。

 

 

それは復縁したいが故の行動でした。

 

 

3ヶ月ほど景観した後、

Nさんは彼女に連絡をしてみました。

 

 

しかし返事はありません。

 

 

ご相談をいただいた私は、

まず共通の友人の方に、

元カノの様子を聞いてみてはどうか

と提案しました。

 

 

しかしNさんは

「共通の知人はいない」

と言います。

 

 

私は、おかしいなと思いました。

 

 

もともと同じ職場であったのであれば、

誰かしら共通の知り合いが

いるものだからです。

 

 

よく聞いてみると

 

「彼は職場の人間で連絡を取る人は

いないと言っていたので、

誰に聞いても無理だろうなと思った」

 

とのこと。

 

 

そこでもっといろいろ聞いてみると

「彼と親しくしていた男性社員がいるにはいる」

との答え。

 

 

「でも、その男性と私はあまり話をしないので・・・」とも。

 

 

たしかに、普段あまり

話をしない同僚に、

 

いきなり彼の話題を持ち出すのは

不自然ですよね。

 

 

さらに

 

「社内恋愛がバレると何かと面倒なので、

内緒にしていました。

誰にも相談できません」

 

という理由もありました。

 

 

その間にもNさんは、共通の友人いは頼らず自分でなんとかしようと彼にメールを1度送っていました。しかし返信はありませんでした。

 

 

勇気を出して1歩踏み出す

 

 

私は

「これでは前に進まないな」と思い、

やはり彼女と親しかった方に

聞いてみては?という提案をしました。

 

 

ところが前向きに検討していただけませでした。

 

 

そこでわかったことは、

Nさんがこれまでに

復縁のために行動したのは、

彼女にメールを送っただけということ、

 

 

つまり積極的に動く勇気がなかったのです。

 

 

私は自分のアドバイスの

方向性を間違えていたことを強く感じました。

 

 

行動よりも先に、Nさんの

勇気を奮い立たせなくてはならなかったのです。

 

 

ですから、Nさんに別れた時のことを

振り返ってみてもらい、

 

最終的には穏便に別れたこと、

 

彼女も決してNさんを

嫌悪して別れたわけではないこと、

 

また、二人の交際期間は長く、

6年間も続いていたのであり、

いくらおつきあいが終わったと言っても、

 

彼女にとってNさんは今も

特別な存在であることに変わりはない

ことなどを根気強く伝えました。

 

 

するとNさんも少しずつ自信を回復し、

彼女と親しい同僚に声をかけてくれました。

 

 

最初は何気ない話から始まり、

昔話をしていると、

その同僚がポロっと彼の話をしました。

 

 

「そういえばNさんはけっこう

Yさん(彼女)と仲良かったけど、

まだ連絡取ってる?」

 

 

Nさんは正直に

「2回連絡したけど、返事がないよ。元気にしてるの?」

と聞いてみました。

 

 

すると

「あー!もしかしたら新しい連絡先知らないとか?」

との答え。

 

 

実は彼女はNさんと別れて少し経った頃、

携帯電話を壊してしまったそうなのです。

 

 

転職もして、

新たな気持ちだったことから、

番号も変更して

新しい携帯にしたとのことでした。

 

 

つまり、Nさんのメールは

彼女に届いていなかったのです。

 

 

さらに同僚の話では、最近

その彼女と話をした時、

「Nさんは最近元気にしているの?」

という質問をしていたそうです。

 

 

彼女としてはNさんのことを気にしつつも、

別れたけじめから、

自ら連絡をすることは控えていたようでした。

 

 

Nさんが

「彼は自分のことをすごく嫌っていて返事もくれない」

と落ち込んでいたのはまったくの誤解で、

たんにメールが届いていなかっただけだったのです。

 

 

これにはNさんも驚きでした。

 

 

探せば「共通の知人」が見つかることも多い

 

 

そこから、同僚の女性に

彼女の連絡先を聞こう

という策を立てました。

 

 

そのためには、なるべく

その同僚の女性と

親しくなる必要があります。

 

 

Nさんはがんばって

その女性と複数で遊ぶ

機会を作ったりしました。

 

 

その過程でわかったのですが、

実はその同僚は、

Nさんと親しい男性の同僚と恋人 同士でした。

 

 

この同僚カップルが

自分たちの話をしてくれたため、

Nさんも彼との話をしました。

 

 

同僚ふたりが

「それなら早く言ってくれればよかったのに」

と快く復縁の協力を申し出てくれました。

 

 

こうして、Nさんは同僚の女性に

連絡先を聞き、

彼女にメールしてみました。

 

 

連絡先を知った経緯

きちんと書き添えました。

 

 

すると彼女から返信が来たのです。

 

 

こうしてやりとりを続けながら、

Nさんは最終的に彼女との

復縁を成功させました。

 

 

もしあなたが

「共通の知人がない」

と悩んでいるのであれば、

もう一度周囲を見てください。

 

 

ちょっと勇気を出せば親しくなれる方、

しばらく連絡を取っていないけれど、

共通の知人、といった方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

Nさんの場合も、勇気を出して

同僚に声をかけなければ、

ずっと彼女の連絡先はわからず

連絡も取れないまま、

復縁までにもっと時間がかかったことでしょう。

 

 

勇気を出して前に踏み出すことが

良い結果をもたらすことがわかる

一件だったと思います。

 

 

今回は少し長くなってしまったので

「共通の知人がいないパターン」

の話は次回の記事でお伝えしますね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

hukuen-mail nagamine-banner3

 

恋愛心理