共通の知人がいない場合の復縁方法

復縁メール

 

前回の記事では、

共通の知人を使った復縁方法

を実際の相談者さんの話を交え

お伝えしました。

 

 

ですが、もしかするとあなたは

「共通の知人が本当にいません・・・」

という状況かもしれません。

 

 

そこで今回は

「共通の知人がいない場合の復縁方法」

をお伝えします。

 

 

今回は21歳の大学生Mさんのケースです。

 

 

Mさんと彼女は、とある

SNSサイトで知り合いました。

 

 

隣同士の県に住んでいて、

近いとは言えないものの

会えない距離では無かったので、

何度か一緒に遊んでお付き合いが始まりました。

 

 

当然、お互いの友人などはまったく知りません。

 

 

Mさんは一人暮らしをしていたので、

彼女も何度か遊びに来ましたが

 

彼女は実家暮らしだったので、

Mさんは彼女の自宅を知りませんでした。

 

 

順調にお付き合いを重ねていましたが、

半年ほどで彼からの連絡が減ってきました。

 

 

Mさんは

「連絡くらいしようよ」

と何度も彼女に伝えましたが、

彼女はやはりマメに連絡はくれませんでした。

 

 

ついに痺れを切らして、Mさんは彼女に

「連絡をきちんとしないのなら付き合っていけない」

と言いました。

 

 

彼は

 

「そんなに連絡ばかりしなくてもいいじゃないか。

忙しい時もあるんだよ。

そのくらいわかってくれてるんだと思った」

 

と怒り、二人は別れてしまいました。

 

 

 

Mさんは、彼女を

本気で怒らせたことを後悔し、

何度も謝りました。

 

 

しかし彼女は全く聞く耳を持たず、

そのままメールの返信もなく

電話をしても留守電にされました。

 

 

そんなMさんから相談を受けて、

まず私がMさんに伝えたことは

彼女の意に反して連絡を取らないようにしよう

ということでした。

 

 

なぜなら、彼女がもう

連絡を取りたくないと

行動を起こせば、

 

彼女との連絡手段が

断たれる状態にあったからです。

 

 

というのも、

彼が連絡先を変更したり、

メールを拒否してしまうと、

Mさんにはもう連絡手段がなくなります。

 

 

彼女の自宅を知っていればまた話は別ですが、

それもわからないので、

 

Mさんが彼に接触できるのは

携帯とSNSだけです。

 

 

ですから、今は

必死で連絡するよりも、

様子が見たほうがいいと伝えました。

 

彼女が返信したくなるメールのネタとは?

 

しばらくはMさんも反省し、

自分磨きに取り組むにしました。

 

彼女からの連絡を要求してしまった背景には、

Mさんが転職活動中で

不安定な時期だったということもあったからです。

 

 

まずはご自身が落ち着いて、

就職先を見つけるなど

足元を固めることにしてもらいました。

 

 

2ヶ月ほどで、Mさんは無事に内定勝ち取りました。

 

 

その後、思い切って彼女に、明るいメールを送って見ました。

 

 

彼女からは翌日返信がありました。

就職おめでとうということ、がんばってねということ。

 

 

そこでMさんは

「ありがとう」という内容でいろいろと

近況を書いてメールを送りました。

 

 

しかし、彼女から返信はありませんでした。

 

 

その後も一定期間を置きつつ

メールを送って見ましたが、

返信はあったりなかったり。

 

 

その間Mさんは彼が

返信をくれないことに対して

私に不満を漏らしていましたが、

 

 

私はMさんに、

彼女はもともと連絡にマメではなく、

そこを考えてあげられなかったのが

別れの原因だということを何度も伝えました。

 

 

そうした中でも、彼女の反応いい

メールのネタを探っていきました。

 

 

前に進まない状態で

3ヶ月くらいメールを送り続けていましたが、

徐々に反応いい内容が見えてきました。

 

 

ポイントは3つありました。

①文章は短文で送る。彼女も短文で返せる内容にする

②期限に限りがあるもの

③ある時間帯に送ったもの

 

①については、話題云々ではなく

短い文章ですぐに

返信できるものが彼女には良いようでした。

 

 

返信のある話題に一貫性はなく、

とにかく読みやすい短い文章で

 

彼女の返信も

短くて済むようなものには

返信がありました。

 

 

例えば

「ちょっと聞きたいんだけど、◯◯に行くにはどのくらいかかる?」

のようなメールです。

 

 

彼女からの返信も

「混んでなければ車で30分くらい」

など、短い文章ではありましたが、

返信はきちんと返ってきました。

 

 

ここから、彼女はMさんが嫌いで

返信をしないわけではない

ということがわかりました。

 

 

②は、返信の時期がある程度切られているメールです。

 

 

例えば

 

「今度の日曜日に結婚式があって、

会社の同僚なんだけど、

二次会で何かあげようと思って、

スカーフってどこが一番種類豊富?」

 

など。

 

 

これであれば、

必要な時期までに

返信が来ることもありました。

 

 

必ず返信が来たわけではありませんが、

比較的返信は多かったですね。

 

 

③は、やはり彼女が一息つく時間帯に送るのが良いようでした。

 

 

毎日21時頃に帰宅し、そこから

一息つくのは22時以降のようだったので、

なるべきその時間帯に送って見ました。

 

 

こうして、考えながら

メールを送っていくと、徐

々に返信率が上がってきました。

 

彼女が思わずコメントしたくなるブログのネタとは?

 

そこで、メールだけではなく

SNSでもアピールできるように、Mさんには

日記に自分のことをいろいろ書いていただきました。

 

 

今ハマっているものや旅行の話、

本好きの彼女が

興味を持つように本の話など。

 

すると、その日記に対して彼女から初めてコメントが来ました。

 

 

徐々に徐々に、

二人の中は近づいていき、

ついには復縁を達成しました。

 

 

このように、たとえ

共通の知人がいなくても、

自分の力で動いていくだけで復縁は可能です。

 

 

そして、そのためにポイントとなるのは、

自分の感情任せに連絡をしてしまうのではなく

連絡の頻度は彼女の苦にならないようにしておき、

連絡が取れる状態を維持すること。

 

 

それさえ気をつけていれば、

チャンスは何度でも訪れます。

 

 

正しい方法さえ知っていれば復縁は難しいことではなく、

とてもシンプルなステップになっています。

辛いことでは全くありません。

 

 

大好きな恋人を取り戻すために、

いかにワクワクと明るく取り組めて、

明るく今宅を取っていけるかが大切です。

 

 

共通の知人を心強いが出るとは思います。

 

 

しかし、そういう知人がいないからと

悲観する必要はまったくありません。

 

 

おふたりの問題ですから、

お二人できちんと解決できるはずです。

 

 

ですから、あえて

共通の知人が協力してくれたケース

共通の知人がいなかったケースについて書かせていただきました。

 

 

あなたの味方がいてもいなくても復縁は必ずできます。

いっしょにがんばっていきましょうね!

 

永峰あや

hukuen-mail nagamine-banner3
恋愛心理