元カノの心が一瞬でわかる男になる!超実践的な復縁の自分磨き

復縁メール

はーい!累計2万人以上の恋愛の悩みを解決してきた、カウンセラーの永峰あやです。今回は復縁の自分磨きのお話です。

彼女が彼氏と別れるのには、人それぞれ理由があります。他に好きな人ができたから、価値観が合わないからのほか、様々な理由で別れを告げます。

私の恋愛カウンセリングの男女の声を集計した結果、彼女が彼氏に別れを切り出すには、主に10の別れの理由があることがわかりました。

元カノと復縁するためには、別れの理由を明確にし、相手のニーズを満たす男性に変わることが必須です。

今回は、特に、10の別れの理由のうちの「連絡の頻度が減ったから」の詳細と、元カノの心を満たす「女性目線のコミュニケイションスキル」を身につける自分磨きの超実践的方法についてお伝えします。

あや
しっかり自分磨きをして、男を加速させてくださいね♡

1.彼女が彼氏に別れを切り出す10の理由

私の恋愛カウンセリングにおいて、

  • 「彼女に振られて辛いです」
  • 「別れた彼女と復縁したいです!」
  • 「彼氏と別れようかどうか悩んでいる」
  • 「彼氏に”別れたい”と言っているのに、別れてくれません」

という男女の声を集計した結果、彼女が彼氏と別れる理由は、主に次の10個になりました。

  1. セックスが嫌だから
  2. 自信のなさ・コンプレックスを改善しないから
  3. 嫉妬・束縛をするから
  4. 連絡の頻度が減ったから
  5. じっくり話を聞いてくれないから
  6. 「ありがとう」「愛してる」など愛情表現をしなくなったから
  7. 外見・容姿について指摘するから
  8. 結婚について真剣に考えてくれないから
  9. 価値観が合わないから
  10. 他に好きな人ができたから
あや
今回は、10の理由のうち、4.の「連絡の頻度が減ったから」についての詳細と、「元カノ目線のLINE・メール・コミュニケーションができるようになる自分磨きの方法」をお伝えしまーす♡

2.連絡の頻度が減ったから

女性は、彼氏からの連絡が付き合う前より減ると、自分に対する愛情がなくなってしまったのかもしれない…と不安になります。

そして、「もっと連絡してよ!」と彼氏に不満を訴えたり、「嫌われたくないから自分ひとりでなんとかしよう…」と不安を我慢して、さみしさを解消しようとします。

しかし、彼氏が何の対処もせず、連絡の頻度に変化がないと、彼女のさみしさが限界に達します。

その結果、「私ばっかり頑張っているのに報われない。何をやっても愛されないなら別れよう」となってしまうのです。

男性にとってLINE・メール・電話は、単純に「連絡のための道具」です。

男性は、特に連絡することがなければ、メールや電話をしません。

一方、女性にとってLINE・メール・電話は、「お互いの気持ちをわかちあうためのコミュニケーション」です。

あや
女性にとって「連絡頻度=愛情」なのです!!!

今後、あなたが元カノと復縁するためには、「女性目線のコミュニケーションスキル」を身につけることを心がけてくださいね!

3.復縁への第一歩は「自分が変わること」

あや
ここでクエスション!なぜ、彼女が別れたい理由について自覚する必要があるのでしょうか???

それは、、、彼女の別れたい理由を自覚すること=彼女の気持ちをわかってあげることだからです。

恋愛や復縁がうまくいかない男性は、「復縁してほしい」「デートの誘いにOKしてほしい」と、相手の女性の気持ちを「理解」することよりも、自分の思いが「承認」されることを優先します。

「承認」とは、自分にとって都合のいいイエスを「相手から搾取すること」とも言い換えられます。

しかし、愛の関係性は、「お互いが相手に対して関心を向けること」「理由なき利他性で思いやること」、つまり「相手に与えること」をしなければ深まりません。

どんな片思いも、復縁も、相手の気持ちを「理解」することができなければうまくいきません。

もし、あなたが心から元カノと復縁したいと願うのであれば、相手の気持ちを理解して、それに応えられるような男性に変わりましょう。

元カノの別れたい理由には、

  1. 彼女が「求めていること」を与えられなかった
  2. 彼女が「求めていないこと」を与えてしまった

という2つの要素が含まれます。

別れたい理由を自覚して、彼女の「求めていること」を与えられるよう改善する。

そして、彼女が嫌がることはしないよう改善することができれば、自然と彼女の心身を満たす男性になれるので、愛情関係を再構築できる可能性が高まります。

4.恋愛において、女性は何よりもコミュニケーションを重視する

あや
元カノと復縁するためには、特に、女性が男性に求めている理想のコミュニケーションについて知ることが、とお〜っても大切です!

それは、女性は、恋愛・結婚はもちろん、すべての人間関係において、コミュニケーション(会話・LINEやメール、電話)をとても大切にしているからです。

小さい頃から女性の多くは、身近な人との「関係」を大切にし、「協調」することが「女らしさ」であると育てられます。

そのため、女性は、異性であれ、同性であれ、誰に対しても、相手から頼まれなくても、手助けすることが当たり前だと考えます。

コミュニケーションを通して、励ましあったり、なぐさめあったりすることは、日常的な行動であり、お互いの気持ちをわかりあう「共感」を大切にしています。

試しに、女性の集団を観察してみてください。

彼女たちが、どれだけお互いの気持ちをわかりあうコミュニケーションを大切にしているかが、すぐに見て取れるでしょう。

いつも彼女たちは、会話しながらお互いの弱音・愚痴を打ち明け、「わかるわかる」と共感し、支え合っています。

5.女性は「感情」「プロセス」VS 男性は「内容」「オチ」

あや
男性であるあなたは、元カノの話を聞いていて「結局、何が言いたいかわからない」、「正直、ムダじゃない?その話、、、」と思ったことはありませんか?

うん?ない?いやいや、正直に言ってもらって大丈夫です。きっと、「まわりくどい…」「っで?何が言いたいの?」とツッコミたくなったことが幾度もあったはずです(笑)

男性は、会話の「内容」と「オチ(結論)」にフォーカスする傾向が強いです。

一方、女性は、会話の「内容」というよりも、その背後にある「感情」という、あいまいなものを大切にします。

そして、女性は「オチ(結論)」よりも「共感するプロセス(経過)」を重視します。

このように、女性はコミュニケーションがあってはじめて、他者とわかりあえると考えます。

それは恋愛においても同じです。

女性は、コミュニケーションがあってはじめて、男性と愛情を分かち合えると感じるのです。

女性は、男性から愛され、大切に扱われたいと願っています。

そして、日々のLINE・メール・電話などのコミュニケーションを通して、男性から理解され、なぐさめられ、自分の行動は正しいと認めてもらうことで、「愛されている」と実感します。

そうやって心が満たされたと感じられた時に、女性は「彼のことを愛そう」と思うのです。

あや
逆の言い方をすると、、、愛してる、嬉しい、さみしい、落ち込んでいるなど、女性の気持ちに共感してくれるコミュニケーションが無ければ、彼のことを愛そうとは思わないということです。

「連絡の頻度が減った」=共感してくれるコミュニケーションが無くなった!!!

だから、元カノはあなたのことを愛そうとは思わなくなり、別れを告げたのです(泣)

6.女性目線のコミュニケーションスキルを磨く

あや
元カノとの復縁を成功させるために、女性目線のコミュニケーションスキルを磨きましょう。

さあ、これから、私のレクチャーに従って、ガシガシ自分磨きをして、ゴールド男になっていきましょう!

女性目線のコミュニケーションができれば、「連絡の頻度が減る」といった失態は絶対に犯しません。

そして、元カノの理解されたい、なぐさめられたい、わかってほしいという心を満たすLINEや会話ができるようになります。

そのために、日常生活で、家族、友人、職場の人などと会話やメールをする際に、コミュニケーションの「内容」ではなく、相手の「気持ち’(感情)」に共感しながら聞きましょう。

※日頃から練習しておけば、女性目線のコミュニケーションスキルが鍛えられます。

いざ、元カノにLINEする、電話する、という場面になっても、焦らず、堂々とコミュニケーションすることができます。

5−1.事例:元カノに「なんで連絡してくれないの?」と言われた場合

例えば、彼女が「何度も連絡してほしい!って言ったのに、してくれなかった…」と不満を言ったとします。

彼女の話の「内容」に注目して聴くと、「なるほど。もっと連絡すればいいんだな」となります。

一方、彼女の「気持ち(感情)」に注目して聴くと、「連絡がこなくて、さみしかったんだな」となります(さみしい=感情)。

そして、「連絡しないで、さみしい思いをさせてごめんね」と伝えれば、彼女も「うん。私の方こそ責めるような言い方してごめんね」となり、わかりあうことができます。

5−2.事例:職場の後輩が失敗した場合

例えば、職場の後輩が「稟議書を回すのを忘れてて、課長に怒られてしまって…」と言ったとします。

後輩の話の「内容」に注目して聴くと、「書類関係は、早めに処理するようにしないと!」となります。

一方、後輩の「気持ち(感情)」に注目して聴くと、「上司に怒られて、つらかったんだな」「ミスして、くやしいんだな」となります(つらい・くやしい=感情)。

そして、「上司に怒られて、つらいよな!うまくできなくて、悔しいよな!」と伝えれば、後輩も「そうなんッスよ!ミスした自分が悪いんですが、やっぱり落ち込むし、くやしくて…」となり、元気づけることができます。

その上で、「俺も、同じようなミスして以来、書類は、その日のうちに処理することを習慣にしたらうまくまわるようになったよ!」とアドバイスする。

そうすれば、後輩も、「先輩、アドバイスありがとうございます!」と前向きに受け止めてくれます。

5−3.事例:母親から催促のLINEがきた場合

例えば、母親から「あんた、たまには実家に顔出しなさい!いつになったら結婚するの!」というLINEがきたとします。

母親のLINEの「内容」に注目すると、「仕事が忙しくて帰れない。彼女がいないから結婚できない!」となります。

一方、母親の「気持ち(感情)」に注目すると、「僕のこと心配してるんだな」となります(心配=感情)。

そして、「お母さん、いつも僕のこと心配してくれてありがとうね!今月は仕事が忙しくて帰れないんだ。ごめんね!」と返信する。

それを受けとった母親は「いつも気がかりよ!仕事が落ち着いたら顔出しなさいよ!無理しないようにね!」となり、安心させることができます。

まとめ

元カノと復縁するためには、別れの理由を「理解」して、あなた自身が「変化」していくことが大切です。

別れの理由の一つとして「連絡の頻度が減ったから」というものがあります。

女性にとって「連絡頻度=愛情」。

今後、あなたが元カノと復縁するためには、「感情」と「プロセス」を大事にする「女性目線のコミュニケーションスキル」を身につけることを心がけてください。

あや
ぜひ、女性目線のコミュニケーションができるように自分磨きをして、元カノの心を満たすゴールド男に変化してくださいね♡

永峰あや

 

  nagamine-blog-soudan-footer   恋愛心理

ABOUTこの記事をかいた人

6年間に及ぶ精神科病院での診療経験を基に、ゲリラな人間心理の専門家として活動中。電話相談師としての累計相談回数は11152件以上と圧倒的で、常に順番待ち。メールボックスには毎日喜びの声が寄せられている。相談内容は恋愛、仕事の悩み、人間関係、鬱など様々。相手を包み込むような愛情と、ガツンと響くストレートなアドバイスはとても人気があり、日本全国に数多くのファンを抱える。連日相談申し込みが殺到しており、今から申し込んでも相談は1ヶ月後より先になってしまうほど人気。現在は「恋愛相談師」として、特に復縁に悩む男性に向けて、自身の経験や、電話相談師として見てきた数多くの女性のリアルな意見を取り入れた復縁術を公開中。