彼女から連絡がこない理由と7日以内に返信がくる超実践的手法

復縁メール

こんにちは!累計2万人の恋愛相談を解決してきた、永峰あや(@delightcolour )です。

「彼女から連絡の頻度が減っている…」「突然連絡が途絶えてしまった…」そんな時は、不安で仕方ないですよね。

実は、、、女性から連絡がこない理由は、”「僕に関心を向けてほしい」という男性目線の態度”にあります。

つまり、「好きだから連絡してほしい」の根底にある「僕のことを認めてほしい」「嫌われたくない」という自分目線の欲求が、女性の負担になってしまっているのです。

今回は、男性から寄せられた相談をベースに、恋愛がうまくいく基本的態度と、気持ちが離れている彼女でも即返信したくなる超実践的な連絡の取り方についてお伝えします。

正しい態度と効果的な手法を丁寧に実践していけば、無理やり返信させようとしなくても、自然と女性があなたに好意を抱き、連絡が取り合えること間違いなしです。

さかい
今回は、さかなくん(25才)からの、「彼女から連絡がこなくなった」という恋愛相談です
あや
承知ガッテンのすけ!彼女から連絡がくるようにしっかり相談に回答していきますね!

【相談内容】彼女から連絡がこなくなりました!

さかなくん

好きな女性のことで悩んでいます。

以前は仲良しでしたが、現在はかなり疎遠状態です。

特に、過去に頼りない姿、面倒くさい一面を見せてしまったり、少し特別扱いしすぎて、重たくて疎遠になったと思えてなりません。

相手の精神状態の都合が…といううわさもありましたが、片思いの彼女の親友からは「連絡しても大丈夫」と言われています。

でも、連絡がないことから、私は負担になるならば連絡しないほうがいいと思っています。

連絡しても大丈夫でしょうか?

それとも、このまま連絡を絶ったほうがいいでしょうか?

連絡をするか、連絡を絶つかじゃなくて…

さかい
好きな女性から連絡がこなくなるって辛いですよね。

あや
ええ。相当苦しいかもしれないですね・・・

片思いの女性でも、交際中の彼女でも、元カノでも、連絡が取れないとなると、本当に不安だと思います。

せめて連絡が返ってくれば、自分のことを、”友達として想ってくれてるのかな!”と思えるけど。

さかい
やっぱり連絡がないと、すごく心配になっちゃいますよね。

あや
心配・・・。

とは言いつつも、やっぱり、

片思い→両思い

に恋を成就させたいですよね。

だからこそ、

  • 連絡を取ったほうがいいのか
  • このままフェードアウトしたほうがいいのか

というところで悩んでいるんだと思います。

さかい
この気持ち、わかります…うーん、悩む!

あや
せっかくなので、このままフェードアウトするのではなく、

片思い→両思い

になれる方法を伝授していきたいと思います!

彼女から連絡がこない理由を明確にする

あや
やはり、彼女から連絡が来ないということは、連絡が来ない理由があるんです。

彼女から連絡がこない理由が何なのか?

を、まずしっかり押さえた上で、連絡を取るか取らないかを決めていったほうがいいです。

さかい
そうですね、まずは焦らず!

あや
「彼女に頼りないところを見せちゃったんじゃないか」「面倒臭いことをしちゃったんじゃないか」って、心配していますが。

これって、

自分が彼女にどう見られているか?

ばかり気にしていますよね。

さかい
そう言われてみると、そうですね。

あや
きっと、

  • 「嫌われたくない」
  • 「僕だけを特別な存在として見てほしい」
  • 「寂しいからもっと一緒にいてほしい」
  • 「僕のこと好きだったらもっと連絡してほしい

という欲求をベースに行動してきたんだと思います。

でも、これだと、相手に関心が向いていなくて、自分に関心が向いている。

恋愛は、自分にではなく、相手に関心を向けないと成り立ちません。

さかい
うーん。

自分にではなく、相手に関心が向いているって具体的にどういうことですか?

あや
例えば、

  • 「髪の毛を切って、ますます可愛くなったね」と相手の変化に気づいて伝える
  • 焼肉が好きだって言っていたから、次は、おいしホルモン屋に連れて行ってあげる
  • 冷え性でつらそうだから、暖かい靴下をプレゼントした
  • 最近、精神状態があまりよくないから、悩みを聞いて支えてあげよう

っていうことです。

さかい
なるほど!わかりやすい!めっちゃ相手目線ですよね。

あや
同じように「好き」という恋愛感情を抱いていても、

自分にだけ関心が向いていて、相手に関心が向いていないと、自分の欲求を満たす目的の行動になります。

一方、自分にではなく、相手に関心が向いていると、思いやりを持って、気遣いするようになります。

前者と後者だったら、どっちが彼女が喜ぶと思いますか?

さかい
当然、関心を向けて、気遣いしてくれたほうが、当然喜びますよね。

あや
「嫌われたくない」「好きになってほしい」と、自分に関心を向けてもらうことが中心になっている。

知らず知らずのうちに彼女に求めてばかりになっていたので、連絡がこなくなってしまったのだと思います。

もっとフラットにいうと、相手目線ではなく、自分目線の行動ばかりしていたということですかね。

さかい
さかなくんは、重たい行動をしてしまったと言っていましたが、これだと、確かに彼女は重く感じそうですね。

あや
男性側の欲求をずっと満たしてあげなきゃいけないとなると、女性側は疲れますよね。

愛は「あなたと私の”間”」にある

あや
実は、自分への関心を相手への関心に変えることの重要性って、さまざまな哲学でも言われていることで。

さかい
へー!

あや
さかなくんや、皆さんにより良い恋愛をしてほしいなーと思うので、ちょっと語らせてもらいますね。

例えば、マルティン・ブーバーという哲学者は、

愛は「あなたと私の”間”にある」

ということを言っています。

この考えは、自分ではなく相手に関心を向けるってことと、同じことを言ってるんですけど。

さかい
結構、深い話ですね。

あや
ものすごーく、噛み砕いて言うと、ブーバーは愛は「恋愛感情」のような「感情」ではなく、「心から相手に関心を向けて関わることだ」と言っています。

ちょっと長くなりますが、ブーバーの言葉を紹介しますね。

 

マルティン・ブーバー

私たちは愛でないものを愛と勘違いしており、愛は心の中に宿る感情(心理現象)だというあやまった認識に縛られている。

愛は人間の外にあるのだ。

もっと正確にいえば、「私とあなたの”間”にある」のだ。

たとえるなら、愛とは、私とあなたの波紋が重なり合って姿を現した新たな波紋である。

そのひとつの大きな波紋の中に、私とあなたは包み込まれる。

もはやその時には、利己的な気分や感情ではなく、この新たな波紋全体の意識に同調して生きるようになる。

人は真に愛している瞬間に「私は今愛している」などと自覚したりしない。

自分の中に愛があると自認する人は、真に愛していない。

愛は無意識であり、自然であり、さりげない。

愛とは、中ではなく外に向けて開花する生命の活かし合い、高め合いの関係性そのものなのだ。

 

さかい
こういうことって、なかなか知れないので、なんかいいですね。

あや
そう言ってもらえると、ますます回答にも情熱が(笑)

本来、関心(interest)は、自分に向かうものではありません。

さかい
というと?

あや
英語の「interest(関心がある)」は、ラテン語では、「inter sesse(estはesseの三人称単数形)」。

つまり、

”中”に、あるいは”間”に(inter)ある(est)

という意味です。

「関心がある」とは、

”自分と相手との「間に」(inter)関連性が「ある」(est)”

ということです。

さかい
なるほど!深いですね。

あや
自分だけに、あるいは相手だけに起こっているのではなく、

関連があると見られる時に、その人に関心がある

といえるのです。

あや
こういう考えを知ると、自分に関心をむけるのではなく、相手に関心を向けることの重要さが、より深く理解できますね。

さかい
はい!なんたって、永峰さんだけじゃなくて、偉大な哲学者が言ってることですからね。

あや
まあ、そうですね(苦笑)

彼女のメリットになることは何だろう?

恋愛はもちろんですが、人って、自分に旨味(おいしいこと)、要するに、

メリットがあるかどうか

が行動基準になっています。

簡単に言うと、人って、おいしいものを与えてくれている人とは一緒にいたいけど、どんどん自分から何か持って行っちゃう、搾取しちゃうような人とは一緒にいたくないですよね。

さかい
はい。

あや
だから、彼女と片思い→両想いになるためには、

「彼女に対してメリットを与えよう」

という姿勢を持つということが大切です。

さかい
なんか、僕まで両想いになれる気がしてきました。

あや
(笑)

別にメリットといっても、大金をあげなさいとか、フランス料理おごりなさいということではありません。

例えば、さかなくんの場合だったら、彼女から連絡がこない理由が、”相手の精神状態の都合という噂もある”と書かれていましたよね。

さかい
はい。

あや
もしかしたら落ち込んで具合が悪いとか、悩みを抱えているとか、大切な親戚が亡くなったとか。

何らかの理由で、精神的に追い詰められているかもしれないじゃないですか。

さかい
うーん。なんか悩んでいるのかもしれませんね。

あや
「嫌わないでほしい」「好きになってほしい」という自分への関心は一旦置いておく。

そして、相手に関心を向けて、ちょっと想像してみる。

「何か精神的に苦しいときに、自分を気遣ってくれる優しい言葉掛けとか、心配してくれるとかあったら、うれしいよなー」

って。なんか、そんなことが浮かんできませんか?

さかい
はい、僕もそんなメールが来たら「自分のこと考えてくれてるんだな」って感じて嬉しくなります。

あや
だから、今までは、自分の関心を中心に

  • 「何で連絡くれないの?」
  • 「俺のこと好きじゃないならはっきり言ってよ!」
  • 「お願いだから嫌いにならないで!連絡ください!」

ってことをしてきたと思うんですけど。

さかい
はい。

あや
これからは、彼女に関心を向けて、相手を想像して、彼女の体調だったり、悩みを気遣うようなメールを一言送ってみたらどうでしょうか。

  • 最近連絡なくて、精神的にもしんどそうって聞いたから…。僕でよければいつでも話聞くよ」
  • 「この間、人間関係で悩んでるって言ってたけど大丈夫?」
  • 「元気?仕事をがんばりすぎて、疲れたりしてない?」

という感じでメールを送る。

送ってみて、返ってこなかったら続けざまに送るのではなくて、様子を見ようということでやってみてはいかがでしょうか?

これをやってもらった男性で、7日以内には返信が来た!という方が結構いるので。

さかい
相手を気遣ってあげる姿勢が大事なんですね。

実際に成功した人もいるんであれば、やらない手はないですよね!

あや
そうですね。さかいさんもそうじゃないですか?

持ってっちゃう人よりも、何かくれる人のほうがいいですよね?

さかい
確かにそうです。

あや
すごく好きになっちゃうと、見えなくなっちゃって、相手に与えてあげるという当たり前のことが、なかなかできなくなっちゃうので。

さかい
相手に与えるって、本当に大事なことですねー。

恋愛の兵法「彼を知り己を知れば百戦殆うからず

あや
あとは、さかなくんの場合、共通のお友達っていましたよね。

”彼女の友達に聞いたら”、という話もしていたので。

なので、彼女の友達に、変に思われない程度に、「実際どんな様子なんだろう?」ということをそれとなく聞いて、彼女の情報収集するのも必要です。

やっぱり戦争で勝つ場合は、相手がどういう状態か知らないと、戦う武器も選べないですから。

さかい
出た!孫子の「兵法」ですね!

永峰さんがよく言ってるので、僕も覚えちゃいました。

敵を知れば…?

あや

彼を知り己を知れば百戦殆うからず。

相手を知って、自分自身を知れば、負けることはないよという、不敗の原則というやつです。

「孫子の兵法」、めっちゃ恋愛に使えますから、今後どんどん紹介していこうかなーと(笑)

さかい
いいですね(笑)

まとめ

あや
恋愛で悩む男性の多くが、”連絡を取ったらいいか?取らないほうがいいか”という、

目先のことにとらわれていて、核心部分に触れていない

ように思います。

さかい
確かに。永峰さんの回答を聞いていると、皆さん、目先のことに囚われてつまづいていますよね。

あや
今回のさかなくんをはじめ、多くの男性が、”連絡を取るほうがいいのか?取らないほうがいいのか?”という、自分目線での二者択一で悩んでいますが。

「彼女は何を求めているのか?」とか、『今の状況どんな感じなんだろう?」とか。

もっと自分と彼女のことを、彼女目線で想像するだけで、どんな行動したらいいのか、結構単純にわかったりします。

さかい
なるほど!目線を変えるんですね。

あや
そうですね。

でも、まあ、片思いとなると、心配になってしまいますよねー。

その焦りもわからなくないんですが…。

今回の回答がさかなくんや皆さんのお役に立てばいいなー!と思います。

さかい
わかりました。ありがとうございます!

あや
さかなくん、相談をお寄せいただき、ありがとうございました。

さかい
じゃあ、ぜひさかなくんも永峰さんのアドバイスを読み、行動し、何か進展があったら、また永峰さんにメールしていただければと思います。

あや
そうですね。

どんどん応援していきたいので、この後どうなったとか、新たに「こんな場合はどうしたらいいの?」など、また無料相談フォームにメールくだされば回答していきますので。

さかい
じゃあ、今回はこんなところで終わりたいと思います。ありがとうございました。

あや
ありがとうございました!
  nagamine-blog-soudan-footer   恋愛心理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6年間に及ぶ精神科病院での診療経験を基に、ゲリラな人間心理の専門家として活動中。電話相談師としての累計相談回数は11152件以上と圧倒的で、常に順番待ち。メールボックスには毎日喜びの声が寄せられている。相談内容は恋愛、仕事の悩み、人間関係、鬱など様々。相手を包み込むような愛情と、ガツンと響くストレートなアドバイスはとても人気があり、日本全国に数多くのファンを抱える。連日相談申し込みが殺到しており、今から申し込んでも相談は1ヶ月後より先になってしまうほど人気。現在は「恋愛相談師」として、特に復縁に悩む男性に向けて、自身の経験や、電話相談師として見てきた数多くの女性のリアルな意見を取り入れた復縁術を公開中。