【ゴールド!!男塾】桑田佳祐秘伝!男の4つのモノをフル稼働して彼女を濡らす方法

復縁メール

波音が響けば 雨雲が近づく
二人で思いきり遊ぶはずのon the beach

 

きっと誰かが恋に破れ噂のタネに邪魔する

 

君の身体も濡れたまま乾く間もなくて

 

胸元が揺れたら しずくが砂に舞い

 

言葉も無いままに あきらめの夏

 

 

こんにちは。永峰あやです。

 

いやあ、やっぱり桑田の歌はエロいですね!

 

今回は、

 

【ゴールド!!男塾】桑田佳祐秘伝!
男の4つのモノをフル稼働して彼女を濡らす方法

 

についてお話します。

 

「彼女を濡らす」と言っても、
私、永峰は「心のテロリスト」。なので、

 

「彼女の心」を「濡らして」
彼女をものにする方法と捉えてくださいね。

 

いきなり質問です。
あなたは普段、自分の「どこ」を使って恋愛していますか?

 

「どこ?」???

 

おそらくあなたはそんなこと
1度も考えたことなかったんじゃないですか?

 

だから、あなたの恋愛はうまくいかないんだ!!!

 

このことを知っているか否かで
大きな分かれ道になるので、
ここから先、私が話すことをしっかり聞いてくださいね。

 

あなたの「頭」「心」「体」「魂」
の4つをフル稼働させて彼女をものにする

 

「彼女が私のことをどう思っているか不安で…」

 

「いろいろ考えてみたんですが、
彼女は多分、僕には気持ちがないと思うんです」

 

恋をしている男性の大半は、
「好きな彼女に自分がどう思われているか」

 

ばかり気にして、あれやこれやと「考え」をめぐらせて悩んでいます。

 

これでは、好きな人とつきあえないし、復縁だってできません。

 

恋愛という豊饒(ほうじょう)の
果実を味わいつくすためにも、

 

まずは自分の「どこ」を使って
彼女の心を濡らせばいいのかをしっかり知る必要があります。

 

(※豊饒(ほうじょう)=実り豊かなこと)

 

それでは本題。

 

彼女の心を濡らして、
あなたのものにするためには、「どこ」を使うべきなのか。

 

それには、あなたの
「頭」「心」「体」「魂」の4つを
フル稼働させる必要があります。

 

つまり、

 

本当に彼女の心を動かしたい!
彼女の心の主導権を握りたい!
彼女のすべてを濡らしまくりたい!

 

なら、てめーの「全身全霊」をかけて挑めよ!ってことだ。

 

ゴールドな男ってのは、
こうやって女をものにしてんだよ!

 

で。ここからは、
そのフル稼働させるべき
4つについて簡潔にお話ししていきます。

 

まず1つ目は「頭」。

「頭」には「考える」という機能がありあります。

 

いいかえると「思考」「マインド」「知性」ともいえます。

 

2つ目は「心」。

 

「心」には「感じる」という
機能があり、「感情」は「心」「ハート」からうまれてくるものです。

 

3つ目は「体」。

 

「体」は実際に「行動する」ことと関連します。

 

視覚、聴覚、味覚、触覚、触覚
といった人間の本能的な「感覚」や「動作」、

 

そして「セックス」も「肉体」に由来するものです。

 

そして、この「思考」「感情」「肉体」
の3つを統合しているのが「魂」であり、

 

これら4つ、全てをフルに
稼動させて彼女に挑んでいくのが、真のゴールド男の恋愛様式なのだ

 

 

世界一エロい歌手
桑田圭佑から学ぶ恋愛テクニック

 

冒頭の歌はサザンオールスターズ
の桑田佳祐が作詞作曲した
「夏をあきらめて」のイントロの歌詞です。

 

※youtubeを検索しましたが、
サザンバージョンがないので、
研ナオコのカバーバージョンをどうぞ。

 

聴きながら読み進めると、
理解が深まることまちがいなし
→https://www.youtube.com/watch?v=4BISzrheN-E

 

平成男子には難しいかもしれないが、
昭和たっぷりの男と女のエロを堪能してくれ!笑

 

波音を聞き、雨雲の気配を
背中で感じながら。
誰かが噂のタネに邪魔するのでは、と考えつつ…。

 

彼女の雨に濡れた体、胸元の揺れ。
言葉にならないあきらめの感情。

 

この歌のイントロでは、
恋愛する女(あるいは男。
※桑田の歌は、主人公が
女なのか、男なのかがわからない、
どちらとも取れるのが特徴であり魅力ですよね)

 

が、もしかしたら相手は…と「考え」をめぐらせながら。。。

 

うまくいかない恋愛の
「心」模様を、曇りから雨に
変わる空模様になぞらえて、静かに表現しています。

 

そして、サビ!

 

Darlin’ can’t you see?
I’ll try to make it shine

 

Darlin’ be with me
Let’s get to be so fine

 

ダーリン、分からないの?
きっとうまくいくわ。私と一緒に 最後まで…

 

熱っぽいメロディーラインに、
「私と一緒にいて!そしてあなたと果てたい…抱いて!」

 

という、ほとばしる「肉」の欲求。。。

 

(※末尾の「fine」について。
直訳すると「一緒にとても晴れている状態にいこう」

 

という感じですが、
桑田佳祐っぽくエッチな意味
でとると「一緒にイキたい」ってことになりますよね。)

 

「夏をあきらめて」は、
「思考」「感情」「肉体」「魂」を
フル稼働させて恋愛に濡れる男と女の愛欲の歌なのです。

 

濡れるぜ桑田!!!
歌謡界の王は、恋愛のゴールド男だった!!!

 

私に恋愛相談される
男性のだいたい8割は、
「頭」しか使ってない状態でかけこんでこられます。

 

さらに残念なことに、
その方々は「頭」を存分に使っているわけでもありません。

 

「頭」を使って「考える」
のではなく、勝手な「妄想」を膨らませ、
勝手に不安になっているにすぎないことが大半です。

 

恋愛をしている自分の「心」が、どのように「感じている」のか、

 

「体」がどのように「反応している」のかを味わうことなく、

 

相手や状況を「頭」で
勝手に解釈して、悩みを増大させている方の多いこと!

 

てめーの全身全霊を使って、彼女の心を濡らせよ!!!

 

これが、私、永峰からあなたへのせつなる願いです。

 

最後に。

 

彼女の心を濡らす準備運動として、
今すぐ桑田圭佑の「夏をあきらめて」を聴いてください。

 

目をつむって、あなた自身の
「頭」「心」「体」「魂」の感覚を
研ぎ澄ませながら、彼女との恋愛をイメージしてください。

 

しゃあああああ!!!

 

これであなたも、桑田の歌詞に出てくる恋愛ゴールド男だ!

 

今日はこのへんで、あばよ☆

 

永峰あや

 

追記:

 

「夏をあきらめて」の
ラストを聞きながら、
男と女の溶け合いたいと切望しつつ、

 

まじわることのない、せつない「魂」のゆらぎを感じてください。

 

潮風が騒げば やがて雨の合図
悔しげな彼女とかけこむPacific Hotel

 

うらめしげにガラスごしに背中で見てる渚よ

 

腰のあたりまで切れこむ水着も見れない

 

熱めのお茶を飲み、
意味シンなシャワーで 恋人も泣いてる あきらめの夏

 

Darlin’ can’t you see?
I’ll try to make it shine

 

Darlin’ be with me
Let’s get to be so fine

 

岩陰にまぼろしが見えりゃ虹が出る

 

江の島が遠くにボンヤリ寝てる
このまま君と あきらめの夏

 

hukuen-mail nagamine-banner3

 

 

恋愛心理