10割の女性が男性に求めるものは?あなたは「◯◯」だから嫌われる!

無料通信講座「復縁メール術」を今スグ受講する

こんちは!永峰あやです。

「好きな人に、何度も”好きだらかた付き合って欲しい”と伝えているけど、OKしてくれません。どうやったら振り向いてもらえますか?」

「元カノに、何度も復縁したいとLINEしてますが、断られています。”たまに会いたくなったら、連絡してもいいかな?”と、LINEしたら、そっけない返信でした。何をしたら復縁できますか?」

このように、「好きな人に、自分の気持ちを受け入れてほしい」と、必死にアプローチ作戦をかけているあなたへ。

10割の女性が男性に求めるものは?あなたは「◯◯」だから嫌われる!

についてお伝えします。

 

もし、あなたがこれを知らなければ…

好きな人が、あなたに求めているものとは真逆のことをし続けて、拒絶されます。

 

もし、あなたがこれを知ることができたら…

そっけなかった好きな人が、少しずつあなたに心を開きはじめ…おめでとうございます!お付き合いできます!

これは、彼女欲しい、復縁したい、付き合いたいといった恋愛に限ったことではなく、すべての人間関係を良好にするための鉄則です。

 

そう、恋愛だけでなく、あなたの人間関係のすべてが、お互いに本音を言えず、「キャラ演じ」や「空気読み」になって空回りしているのは、この鉄則を知らないからなんだな〜。

なので、しっかり最後まで読んで、あなたの恋愛、人間関係のすべてをバラ色にしちゃってくださーい!

1.なぜ、彼女は、あなたの「好きです」に応えてくれないのか?

それでは、なぜ、彼女はあなたの気持ちに応えてくれないのでしょうか。

それは、

女性が、あなたに「本当の私のことをわかってほしい」という「理解」を求めているにもかかわらず、「俺のことを認めてほしい」という「承認」を要求しているから

です。

別の言い方をすると、相手を「わかってあげよう」と「理解」する前に、「俺のことをわかってよ!」と、「一方的に”わかってよ!”を押しつけている」からともいえます。

冒頭のように、女性の気持ちを理解できず、恋愛がうまくいかない男性は、次のようなパターンをしています。

【恋愛・人間関係がうまくいかない男性のパターン】

自分に自信がない、自分の存在を認めてくれる居場所がない
→好きな女性(彼女)に承認を求める→自分は必要とされているから、やっぱり特別な人間だ(インチキな自信を持つ)」→さらに、好きな女性(彼女)に承認を求める

一方、恋愛がうまくいっている男性は、以下のような思考をします。

【恋愛・人間関係、人生のすべてがうまくいっている男性のパターン】

自分に自信がない、自分の存在を認めてくれる居場所がない
→それなら、自分を肯定して、自信が持てるようになるために切磋琢磨しよう!→少しずつ取り組むうちに自信が持てるようになり、人間的魅力が備わって素敵な彼女が現れた!→彼女がどんな価値観や感覚を持っている人なのか「理解」したい

 

比較してみるとわかるように、恋愛がうまくいかない男性は、恋愛関係の本筋とは、ズレズレのことをしてしまっているのです。

恋愛関係とは、お互いの価値観や感情を自由に交流させて、心と心のつながりを作り、それが支えとなるような人間関係のことです。

2.恋愛関係が成立する2つの条件

つまり、恋愛関係は次の2つの条件が満たされていることが前提となります。

条件1:それぞれが、自分のことを、自己肯定できている。自分軸がある(個人の内面の側面)

条件2:お互いの違いを、違いとして認めることができる、対等なコミュニケーションが成立している(コミュニケーションの側面)

恋愛がうまくいっている男性は、切磋琢磨して自分軸を作り、相手を理解しようというコミュニケーションをしています。

一方、恋愛がうまくいかない男性は、相手の女性を「自己肯定のための道具」として利用しています。

それに加えて、相手を「理解」することなく、自分の価値観や要求を一方的におしつける、抑圧的なコミュニケシーションをしてしまっています。

だから、彼女はあなたの気持ちに応えてくれないのです。

でも、安心してください!

うまくいかない「からくり」がわかったら、もう彼女はあなたのもの!

あとは、正しいやり方をすればいいだけです。

3.アクションプラン:女性が男性に求める「わかってほしい」「理解」を満たす

それでは、最後に、好きな人が心を開き、あなたの気持ちに応えてくれるための具体的な方法をお伝えします。

 方法1:(元カノと復縁をしたい人、好きな人にアプローチしすぎた人は)最低1ヶ月は何もしない

相手を「自己肯定の道具」として利用し、自分の価値観や感情を一方的に押し付け続けてきたあなたの行為は、例えるなら…

濡れていない「おまんこ」に、前戯なく「おちんこ」を無理やり挿入しようと躍起になり続けた。さらに、傷ついて、痛みしか感じない女性を無視して、「おまんこ」に「おちんこ」を、これでもかと挿入しようとした

のと同じです。

相手が「私のことをわかってくれている」「理解してくれている」と心の「おまんこ」がしっとり濡れていなければ、あなたの思いのたけは、相手の中に入っていきません。

 実は、あなたは、非常識きわまりないことをしていたのです。御愁傷様です。

「いい加減、そのちんこ、しまって、さっさと失せてくれ!」

これが、相手の女性の本音です。

※女性は「相手に合わせる」傾向が強いので、本当のことを言わず、やんわりとはぐらかすだけかもしれません。

でも、これ以上、相手をゲンナリさせないためにも、あなたの希望のともしびを消さないためにも、速やかに、露出した「おちんこ」を、パンツの中にしまって、しばらく隠居してくださいね。

方法2:心と心のつながり、信頼関係をつくる

繰り返しになりますが、女性達が男性に求めているのは、「私の気持ちや、私という人間をわかってほしい」という「理解」です。

「私が今、何を感じているのか」、「私がこれまでどんな思いで生きてきたのか」、「私が、何が好きで、何が嫌いか」などなどを「わかってくれること」、「理解してくれること」を求めているのです。

実は、女性は「自分の人生の物語」を話すのがとても好きです。

男性同士だと、仕事、政治、最近あったことの「情報交換」程度のコミュニケーションで、自分の「心の内側」まで赤裸々に話すということはあまりないですよね。

でも、女性は、自分の心の内側を、いつも誰かに「わかってほしい」と望んでいるのです。

手順1:「いつでも僕は、あなたの話を聞きたい、わかってあげたいと思っていますよ」というオーラを出す。

あなたの「わかりたい」「理解」したいという気持ちを、相手に届ける具体的な行為は、「聴くこと」です。

「聴く」という行為=「わかりたい」「理解したい」という気持ちを具現化したものなのです。

恋愛だけでなく、どんな人間関係においても、人は「この人ならわかってくれるかも」と感じた相手に対して、心を開き、本音を語り始めます。

逆に、「わかってほしい」の望んでいても、自分のことばかり話しているなど、聴いてくれそうにない人には、心を開きません。

相手の心を開いて、深い関係になりたいのであれば、まずは、「聴く」という行為で、あなたの「わかりたい」という気持ちを表現することが大切です。

そして、日頃から、好きな人に対してだけでなく、周囲にいる人すべてに対して「聴く姿勢」で接するようにしてください。

あなたにとって「聴くこと」が習慣化すると、そのオーラが自然と滲み出て、相手にも伝わります。

※恋愛が成功しない人は、「彼女にだけすればいい」とショートカットして、日常の中で実践しません。

当たり前ですが、その人の「生き様そのもの」が「わかってあげたい」という姿勢になることが必須。

日頃から、「わかってあげたい」という「理解」の姿勢でいないのに、いきなり、好きな人の前だけで、取り繕ったようなことをしても失敗します。

っていうか、女性には、気を引こうとしてしているだけの、フェイク姿勢が丸見えなので、逆に、自己中心的でキモチワルイと、完全に拒絶されます。

手順2:安心して話ができる心と心のつながり(リレーション)を作る(信頼関係を作る)

「相手に理解を示すために、話を聴くようにしてください」と言うと、多くの人が、相手の話を引き出そうと、あれこれ質問したり、話題をふって盛り上げようとします。

でも、いきなり質問を浴びせたり、盛り上げてようとても、相手は引いてしまうだけです。

まずは、「ああ、この人なら、安心して話ができる」と思うえる信頼関係を作ることを目標にしてください。

私のカウンセリングでも、安心して話ができる信頼関係づくりのために、たくさんの工夫をします。

それは、信頼関係ができて、はじめて、お互いの価値観や感情を、素直に表現できるからです。

もし、これがなければ、お互いに、自分の気持ちを素直に伝えることができず、深い関係に発展することはありえません。

そのための具体的な方法として、

「うんうん」とうなづいたり、「なるほど」「そうなんだね」と相づちをうちなが、話を聞く

を実践してください。

うなづきと、あいづちこそ、「私はあなたのことを理解したいと思っていますよ」「あなたの話をしっかり聞いていますよ」「決して聞き流していませんよ」という姿勢を伝えるために必要不可欠です。

そして、うなづきと、あいづちをするときは、次の3つのポイントを意識してください。

ポイント1:「うんうん」「なるほど」と、相手よりも、少し大きめに、ゆっくりとうなずく(あいづちをする)

ポイント2:「オーバーリアクションすぎるかも…」と恥ずかしがらず、ゆっくり、大きく、少しオーバーに思えるぐらいうなずくようにする(あいづちをするようにする)

ポイント3:うなずきとあいづちを重ねるにつれて、相手がリラックしてきたという印象があったら、少しずつ自然体に移していく

「うんうん」「なるほど」だけで、相手は、「私のことをわかってくれている」、「私の味方をしてくれている」と感じます。

この小さな工夫が信頼を引き寄せ、どんどん心をオープンにして話をしてくれるのに、やらないのは本当にもったいないことです。

まずは、自宅の鏡の前で、先ほどの3つのポイントを意識して、練習してみましょう。そして、慣れてきたら、身近な人や好きな人に実践するようにしてみてください。

以上、

10割の女性が男性に求めるものは?あなたは「◯◯」だから嫌われる!

についてお伝えしました。

無料通信講座「復縁メール術」を今スグ受講する

ABOUTこの記事をかいた人

6年間に及ぶ精神科病院での診療経験を基に、ゲリラな人間心理の専門家として活動中。電話相談師としての累計相談回数は11152件以上と圧倒的で、常に順番待ち。メールボックスには毎日喜びの声が寄せられている。相談内容は恋愛、仕事の悩み、人間関係、鬱など様々。相手を包み込むような愛情と、ガツンと響くストレートなアドバイスはとても人気があり、日本全国に数多くのファンを抱える。連日相談申し込みが殺到しており、今から申し込んでも相談は1ヶ月後より先になってしまうほど人気。現在は「恋愛相談師」として、特に復縁に悩む男性に向けて、自身の経験や、電話相談師として見てきた数多くの女性のリアルな意見を取り入れた復縁術を公開中。