元カノと復縁成功!だけでなく、全ての女性に恋愛感情を抱かせる会話術

無料通信講座「復縁LINE術」を今スグ受講する

今日は、私、永峰が、あなたに、女友達からキャバ嬢まで、

 

たくさんの女性達からハーレム状態!になる最強テクニック

 

についてお伝えします。

 

本題に入る前に。

 

女性とつきあいたい、
元カノと復縁したいなど、
楽しい恋愛をしたい!という思いから、

 

あなたは日々、
思考錯誤しながらがんばっていますよね。

 

「僕の理想は、年下の若い女の子を守ってあげる感じです」

「遊んでる系のハデな女性はちょっと・・・」

「街コンで電話交換した女性はおおっぴらな感じすぎて・・・」

 

自分の好みの女性と恋愛したい!
「理想の女性像」を持つことは悪いことではないと思います。

 

でも、どこまで「現状認識」
しての発言なのか?日々疑問に感じます。

 

あなたが置かれている
「日本の恋愛市場の現状」
について認識できていなければ、

 

好きな女性とつきあえないだけでなく、実は、、、

 

「市場から追放されているかもしれない」

 

という驚愕の事実を
知らないまま、ピエロの
ような愚昧を演じ続けることになるのです。

 

これからあなたが置かれている
現状に対して解説しますので、

 

顔の筋肉をひきしめて、真剣に読んでくださいね!

 

恋愛市場において男性が圧倒的に不利

あなたは恋愛市場において
男性と女性、どちらが有利なのか?

 

という「マクロな視点」で
恋愛を考えたことがありますか。

 

人口の見地から分析すると、
日本は、1975年に20代男女の割合が逆転。

 

それ以降は、

 

「一貫して女性より男性の方が多い」

 

という状態が続いています。

 

つまり、女性よりも
男性の方が数が多いので、
「一定の男性が必ず余る」ということです。

 

2010年では、

・20歳から24歳で13万人、

・25歳から29歳では12万人

ほど男性のほうが女性より多くなっています。

 

20代全体でいえば、

・男性のほうが女性よりも25万人多いということです。

 

この数の差は、30代でもほぼ同じ状態です。

 

もし仮に、男性である
あなたが、年齢、性格、外見の良し悪しなどにこだわらない。

 

「相手は選びません!女性なら誰でもいいです!」

 

と決意したとしましょう。

 

しかし、

 

「相手を選ばなければ恋愛、結婚できる」

 

という保障はないのです。

 

なぜなら、、、
男性の方が女性よりも数が多いから。

 

私が、日々のメルマガで、
女性心理、女性目線のコミュニケーションを身につけてください!

 

と力んでいるのは、根拠のないことではないのです。

 

あなたが、女性との
恋愛や結婚について考える場合、

 

「数」の上で「圧倒的に不利」

 

という現状をしっかり認識しておくことが大切です。

 

「でも、、、色白で痩せている女性じゃないと・・・」

 

つうか、、、まーだ言ってんのか!このスットコドッコイめ!

 

 

「男性不利」の恋愛市場でハーレム状態になったゴールド男

不安や恐怖を煽るのは私の趣味ではありません。

 

逆境だーい好き!!!
ということで今日の本題。

 

このような「男性不利」の
恋愛市場において、
ハーレム状態になっちまった!!!

 

という、私の復縁プログラムを
活用してくださっている男性からのメールを紹介します。

 

——————–
永峰さんこんばんは。中島です。

 

いつもメルマガ配信ありがとうございます。

毎回勉強になる事ばかりです!

 

この2ヵ月間勉強し、
自分磨きを行ってきた事で、
今までにないことを言われるようになりました。

 

最近、女友達から、

 

「男としてのレベルが
“星3つ”ぐらい上がった感じがする!

 

包容力というか安心して話しが出来る!」と言われました。

 

仕事の付き合いで
キャバクラに行った時も、接客してくれた女性に

 

「こんな男の人いない!
お店に来ないでいいのでご飯行きましょう!」

 

と誘われました。

 

自分でも正直驚いています。

 

すごく意識して話しを
している訳ではないですが、
2ヵ月前の自分とは別人のようです。

 

日々の勉強が、自然と身に付いているのかもしれません。

 

2ヵ月前、永峰さんに相談して本当によかったと思います。

ありがとうございます。

 

復縁に向けて、
元カノとの冷却期間も2ヵ月経ちました。

 

そろそろ元カノと
連絡を取り始める準備をしていこうと思っています。

——————–

 

たった、2ヶ月間、
私のメルマガ、ブログ、
その他コンテンツで勉強をしたら、

 

知らず知らずのうちにハーレム状態になっている!!!

 

ばあさん、こりゃーたまげた!
あんころ餅が食いてー!状態ですよ。

 

2ヶ月前の中島さんは、別れた直後で、

 

元カノへの怒りとくやしさ、
失った悲しみと不安で大変混乱した状態でした。

 

彼女に対する批判が強く、
自分自身に目を向けることが難しかったので

 

「ばあさん、今回は
ちょっくら時間がかかるかもしんねー。

けんど、日が暮れるまでには、必ず山を降りるで!」

 

と内心思っていました。

 

しかし、中島さんは、
ブログやメルマガ等のコンテンツを勉強し、

 

無意識のうちに
女友達からキャバクラ嬢まで、
幅広い女性の心を満たすことができる

 

ばあさんも、じいさんも、おったまげた!

 

日本昔話史上最高のゴールド男になっっていたのです。

 

ハーレム状態になった男が実践した1つのこと 女性の「協調」「関わり合い」ベースの「共感型コミュニケーション」

なぜ、中島さんが
無意識に女性達の心を満たし、喜ばせ、

 

女性自らが勝手に誘ってくるようなゴールド男になれたのか?

 

それは、

女性の「協調」「関わり合い」ベースの「共感型コミュニケーション」

を習得し、実践したからです。

 

女性というのは、
何よりも「会話」を重要視する生き物です。

 

このようにお伝えすると

 

「自分は相手の女性から
相談を受けていたし、
しっかりアドバイスして信頼されていました」

 

と自信満々に答える輩がいます。

 

男性と女性の会話の仕方、コミュニケーションは全く違います。

 

あなたが、どんなに、

「相手の女性から相談を受けていた」

「たくさん会話をした」

 

と豪語しても、そのコミュニケーション方法が

 

「女性に配慮したもの」
でなければ、喜こばれるどころか不快感しか与えません。

 

言語学者のエボラ・タネン
は、男女のコミュニケーション
の違いについて以下のように言っています。

 

女は、男が「問題を解決すること」にしか感心を示さないと憤慨し、

男は、女が「愚痴ばかりこぼして問題そのものを解決しようとしない」と腹を立てる

 

私の恋愛相談でも、
「問題解決」や「アドバイス」のみしている男性は、

 

彼女に別れを告げられ、
好きな女性の心を満たすことができず、

 

告白してもあっさり
ふられてしまっているという実情があります。

 

周囲の人と仲良く
「協調すること」が大切と教えられてきた女性は、

 

人との「共感」を目的
としてコミュニケーションをとる傾向があります。

 

※中島さんが女友達の
「職場の人間関係の相談」に対してしたことは、

 

「それは大変だね」
「すごくつらいよね」
「君の気持ちもわかるよ」といった理解を示す言葉がけです。

 

一方で「競争」をベースに教育された男性は、

 

コミュニケーションを
「問題解決」の手段と考える傾向があります。

 

※ですから、多くの男性が、
女性からの相談に対して

 

「上司も交えた話し合いをして改善すべきだよ」

「君の説明の仕方を、
わかりやすいように工夫したら、相手も納得するよ」

 

とアドバイスしてしまうのです。

 

この場合、厄介なのが、
男性は悩みを「解決」
してあげた「優越感」で満足しますが、

 

女性は「期待外れの回答」
をされた挙句に、「下に見られたくやしさ」を感じます。

 

もしもあなたが、中島さんの
ように多くの女性の心を満たしたい!と思うのであれば、

 

・女性の「協調」「関わり合い」ベースの「共感型コミュニケーション」

 

を習得し実践することが必須です。

 

「ノンアドバイス、ノン解決」
の姿勢で、うなづきながら、
じっくり、丁寧に「聴く力」を身につけてくださいね。

 

 

最後に。

 

男女のコミュニケーションの違いを知り、

女性のコミュニケーションを身につけるだけで、

 

好きな女性とつきあう
ことができるだけでなく、ハーレム状態になれます。

 

数の上で男性が不利だから、
自分の理想を捨てても女に迎合しなければならない・・・

 

そんなことは全くする必要はなく、
女性との関わり合いを楽しむことができるのです。

 

今後もじゃんじゃん
あなたに役立つコンテンツを配信していくので、

 

がんがん活用してくださいね。

 

じゃん!がん!

永峰あや

無料通信講座「復縁LINE術」を今スグ受講する

ABOUTこの記事をかいた人

永峰あや

6年間に及ぶ精神科病院での診療経験を基に、ゲリラな人間心理の専門家として活動中。電話相談師としての累計相談回数は11152件以上と圧倒的で、常に順番待ち。メールボックスには毎日喜びの声が寄せられている。相談内容は恋愛、仕事の悩み、人間関係、鬱など様々。相手を包み込むような愛情と、ガツンと響くストレートなアドバイスはとても人気があり、日本全国に数多くのファンを抱える。連日相談申し込みが殺到しており、今から申し込んでも相談は1ヶ月後より先になってしまうほど人気。現在は「恋愛相談師」として、特に復縁に悩む男性に向けて、自身の経験や、電話相談師として見てきた数多くの女性のリアルな意見を取り入れた復縁術を公開中。