【失恋対策】好きな人、元カノに告白!でも振られた…場合の正しく「立ち直る」方法

復縁メール

「好きな人に告白したけど振られてしまった…あきらめて新しい彼女を探したほうがいい?それとも、あきらめずにがんばったほうがいい?」

 

「復縁活動をして、元カノといい感じになってきたから告白したけど、振られてしまった…今後、どうすればいいのかわからない…」

 

「彼女に別れを告げられたけど、まだ気持ちがある…友達には“あきらめて、新しい彼女を作りな!”と言われるけど、自分は元カノと復縁したい…」

 

こにゃにゃちわ!永峰あやです。

 

今日は、好きな人、元カノに告白して振られた…、失恋した状況をどのように受け止め、今後どのように恋愛をすすめていけばよいかわからない…と悩むあなたへ。

 

・【失恋対策】好きな人、元カノに告白!でも振られた…場合の正しく「立ち直る」方法

 

についてお伝えします。

 

もし、あなたがこれを知らなければ…

 

・「好きな人に振られても、落ち込んではダメ!前向きにならないと!」と、焦って彼女探しや復縁活動をはじめて、ワンナイトラブや、更に好きな人に嫌われるという悪循環に陥ります

 

・「早く、新しい彼女を探さないと!」と躍起になり、「ギラギラしたキモチワルイ男」扱いされて、嫌われます

 

・「1ヵ月以内に元カノの気持ちを取り戻さなければチャンスがない!」「さみしいから早く彼女を作ろう!」と焦りだけが募り、誰からも相手にされず、心がすさんでいきます

 

でも、もし、あなたがこれを知ることができれば…

 

・元カノに復縁を断られた…、好きな人に振られた…、失恋のショック、悲しみ、さみしさを、自分の心でしっかり受け止めて、前向きに復縁や新しい恋愛に向けてスタートを切ることができます

 

・失恋をキッカケに、「自信のなさ」「相手への思いやりの欠如」「仕事への不満」など、自分自身について様々な「気づき」を得て、人生全体を、良い方向に立て直していくことができます

 

・不安、混乱、さみしさ、怒りといった、人間のネガティブな感情に対するコントロール能力が高まり、相手の心理が理解できる魅力的な人間になることができます

 

世間一般的な対処法とは全く違う、新しい失恋への対処法を身につけて、今のあなたの苦痛を、人間的魅力に変容させるぜお!

 

そのためにも、私がお伝えすることを、最後まで、じっくり味わいながら、読みすすめてくださいね。

 

それでは、今回のテーマに関連する、亮さん、34歳からの恋愛相談を紹介します。

 

【恋愛相談】約5ヶ月間復縁活動の末、元カノに告白して振られました…(亮さん、34歳)

何度か相談をさせてもらっている亮です。

 

復縁活動をがんばっていましたが、元カノに告白して、フラれちゃいました。

 

人として好きだけど、彼氏ではないみたいです。

 

とりあえず、様子を見ながら元カノと、新しい彼女を同時に探していきます。

 

新しい彼女探しは、いろんなコミュニティに参加して探すとして、元カノは、期間を空けるべきですかね?

 

それとも、週一ぐらいでメールした方がよいですかね?

 

【亮さんと元カノの補足情報】

この亮さんは、以前、私のブログ記事、
◆【恋愛駆け引き】ツンデレ?メンヘラ?「あいまい」「思わせぶり」な元カノの気持ちを見極め復縁する5つの方法

 

で紹介した方です。

 

亮さんは、元カノと別れてから、約五ヶ月間、私のブログやメルマガ等のコンテンツで、「女性心理」について勉強してがんばってきました。

 

とても熱心で、私のすべてのコンテンツを聞いたり読んだりして、

 

大切なところは単語帳に書き写し、持ち歩いていたほどの人です。

 

※「ちょっとやりすぎじゃない…」とあなたは感じたかもしれませんが(笑)

 

亮さんは、キモチワルイ人ではありません。電話相談を受けたこともありますが、気さくで、真面目な男性です。

 

仕事柄、女性の美に対するこだわりを、すごく理解している、繊細で、クリエイティブな、プロフェショナルでもあります。

 

・元カノと自分の、出会ってから付き合い始め、別れるまでの関わり合いの良かった部分、悪かった部分をすべて紙に書き出して整理していた

 

・元カノの養育環境や性格等を客観的に理解して、ありのままを受け容れようとしていた。

 

※元カノは、明るくて良い子だが、極度に自信がなく、承認欲求が強い女性でした。自分のことを、自分で決断できず、いつも周りや亮さんに相談する、自己が不安定な方でもありました。

 

・付き合っていたときは、元カノに対する気持ちはあったが、それをうまく、言葉や行動にして伝えることができていなかった。

 

それを反省して、行動を180度変え、元カノと連絡をとったり、デートを重ねていた。

 

このようなプロセスを経て、今回、亮さんは元カノに告白し、「人として好きだけど、彼氏ではない」と言われ、現在に至っています。

 

問題点:自分の内的な(心の)課題の答えを、外側に求めている

「今後どのようにすすめていったらいいんだろう…」

 

亮さんのこれまでの取り組みや、今の状況を受け止めて、がっつし回答していきますね。

 

>>とりあえず、様子を見ながら元カノと新しくできたら嬉しい彼女を同時に探していきます。

 

>>新しい彼女探しは、いろんなコミュニティに参加して探すとして、元カノは、期間を空けるべしですかね?それとも、週一ぐらいでメールした方がよいですかね?

 

あなたは、今後について、

 

・一応、新しい彼女を探しをすることにした、でも、元カノに対してはどのように対処すればいいかわからない…

 

と、方向性が明確に決まらす、悩んでいます。

 

では、

 

なぜ、自分の今後の方向性や目的が明確にならないのか?

 

なぜ、目的に対して、確信を持って行動できないのか?

 

それは、

 

・自分の内的な(心の)課題の答えを、外側に求めているから

 

です。
「内的な(心の)課題の答えを、外側に求める」という、あなたの、一連の動きをまとめると、以下のようになります。

 

①自分の設定したゴール(復縁成功)に対して、頭で考え、シュミレーションして、行動したことがうまくいかなかった(振られた)

 

②うまくいかなかった出来事(振られた)に対処すべく、再度、頭で考えてシュミレーションして、「元カノと別の女性を同時に探すという新しいゴール」を設定し直した。

 

③そして、この新しいゴールを達成するための「正解の方法」を探すために、「元カノとの期間はどれぐらい空けるべき?」「週一ぐらいでメールした方がよいですかね?」と私に質問している。

 

この、あなたの一連の行動、なんだか変だと思いませんか?

 

(※変だと思わず、当たり前にやってしまっている方が大半だから、うまくいかないのですが…)

 

・この5ヶ月間の、元カノを愛するという気持ち

 

・元カノとのLINEやデートで関わり合うプロセスの中で、あなたの内側(心や体)に発生した感情や感覚

 

・愛情を、元カノに受け容れてもらえなかったときに生まれた、あなたの内的な痛み

 

 これらの、あなたの気持ち、感情、感覚は、「内側から発生するもの」「内的な心や体から沸き起こってくるもの」ですよね。

 

そして、

 

・今、この瞬間、あなたが望んでいる、愛の在り方、理想のパートナーシップ

 

も、同じように、あなたの「内側から発生するもの」「内的な心や体から沸き起こってくるもの」です。

 

なぜ、「自分の内側で起こっていること」の答えを、「自分の外側の世界(※永峰に聞く、ネットの情報を検索しまくる)」で探そうとするのでしょうか。

 

・あなたの内側(心や体)で起こっていることの答えは、あなたの内側にしかない

 

です。

 

あなたが、今後の明確な方向性や目的、それに関する具体的なアクションプランを見出すためには、

 

・心や体、五感を全面的に開いて、「この五ヶ月間の体験」「失恋の体験」「今、この瞬間の体験」を積極的に受け容れ、そのプロセスの結果、沸き起こってくる感覚(答え)にフォーカスする

 

以外、方法はありません。

 

ここまで亮さんの問題点を解説してきましたが、あなたは、

 

「永峰が何を言っているのか、抽象的すぎて、全く理解できない…」

 

思っているかもしれませんね。

 

「内的なこと、外的なこと、っていったい何なの?そんなの感じたことない…」

 

「何事も、頭で考えて解決するのが当たり前でしょ!」

 

「頭で考えることと、心で感じることって違うの?」

 

このように、「???」マークがいっぱい浮かんでいるかもしれませんね。

 

多くの人達は、

 

①頭で考えていること(思考)

 

②心で感じていること(感情)

 

③体の感覚(肉体的動作)

 

の違いを、明確に識別することなく生きています。

 

そして、私達は、仕事、家事といった日常的な事柄や、人間関係で発生した問題について、もっぱら、頭で考えて、評価や予測をして、対処しています。

 

人間は、他の生物と違って、「言語(言葉)」を持っています。

 

私達は、すべての要素を「言葉」で規定し、人と人のコミュニケーションも主に「言葉」で行います。

 

「言葉」を扱うのは、人間の「思考(頭で考える、マインド)」です。

 

この「言葉」を操る「思考」には、あらゆるものを「関連づける」ことができるという特性があり、この特性によって、直接体験しなくても、私達は学習していくことができのです。

 

例えば、犬でも「沸騰したやかんは熱い」ということを学習できます。

 

しかし、やかんがそのようなものであると知るためには、犬は少なくとも一度は熱いやかんに触れなければなりません。

 

一方、人間の子供は「沸騰したやかんに触れたら、やけどするよ!」と言葉で教えることができるので、熱いやかんにわざわざ触る必要はありません。

 

外的な世界では、こういった能力がとても有効です。

 

しかし、内的な、内側の心や体の中で発生したことに関しては、言葉を扱う思考は有効ではありません。

 

逆に、思考が私達の生活を、根本から縛り、苦しめるようになるのです。

 

実は、現在の亮さんは、この、言葉を扱う「思考の問題解決モード」のワナにはまってしまっているから、明確な方向性や確信できる行動を見出すことができず、苦しんでいるのです。

 

亮さんは、「5ヶ月前に元カノに振られた」という過去の出来事を通して、ショック、絶望、不安、悲しみといった苦痛を体験しています。

 

※実際に、ショックで睡眠や食事がとれない日々が続き、10キロ以上、痩せてしまったそうです…

 

言葉は、どんな状況でも「関連づける」ことができるので、今回の元カノの言葉、「人として好きだけど、彼氏ではない」についても、関連づけをします。

 

亮さんは、過去の振られた体験=ショック、絶望、不安、悲しみといった苦痛という理解をしていますので、亮さんの思考は、今回の「人として好きだけど、彼氏ではない」と振られた体験=ショック、絶望、不安、悲しみといった苦痛として関連づけます。

 

 そして、「思考の問題解決モード」は、

 

・出来事について、良いか悪いか評価して、悪いものを排除して解決する

 

という戦略をとります。

 

ですから、亮さんの思考は、

 

・今回の「人として好きだけど、彼氏ではない」と振られた体験=苦痛で悪いものだから、排除して解決しなければならない

 

と判断し、自分の体験(思考、感情、身体的感覚、記憶、行動の傾向)を避けようとするのです。

 

このように、ショック、絶望、不安、悲しみといった体験を回避して、外側に答えを求めようとするから、今後の方向性が見えなくなってしまうし、例え「この方向だ!」と外側にある答えを採用したとしても、結果的に、自分に不利益をもたらす方向に突き進んでしまうのです。

 

アクションプラン(今後の戦略):「自分の内側と対話しろ!」

それでは、今後、あなたが恋愛だけでなく、仕事や人間関係など、人生のすべてにおいてうまくいくための、具体的なアクションプランをお伝えします。

 

あなたが、今後、復縁を選択するのか、あるいは、新しいパートナーを探すという選択をするのか、

 

あるいは、全然、別の、新しい価値にフォーカスして生きるのか。

 

それを見極めるために、

 

・自分の内側と対話する

 

と実践してください。

 

以下の①~⑥の手順で、

 

・自分の内側と対話する

 

を実践してください。

 

①ひとりきりで、静かになれる場所で、ゆっくり深呼吸を数回する。

 

②あなたの中に、「観察するもうひとりの自分」の視点を持ち、今回の体験(振られたことによって発生した感情や感覚)を回避しようとする「思考」に気づく

 

③自動的に出てくる「思考」を、あるがままに観察する

 

④回避しようとしていた不快な感情を、五感を開いて、あるがままに受け容れ、味わい、手放す

 

⑤自分の内側とじっくり対話して、もっとも意味のある、大切なメッセージを受け取る

 

⑥自分の内側と対話することによって得られた意味あることに向かって進む

 

「とにかく新しい彼女を探して、前向きになろう!」

 

「ネガティブな感情は抑えて、切り替えて、合コンに行かなくちゃ!」

 

「元カノへの、アプローチする適切な時期を、永峰さんに聞こう!」

 

といった思考とは、一旦距離を置いてください。

 

そして、

 

「あんなにがんばったのに、彼女に受け容れてもらえなくてショック…」

 

「こんなにがんばったのに、オレのこと利用してたのか!むかつく!」

 

「ある程度、自分に自信は持ているけど、やっぱり断られて悲しい…つらい…」

 

このような、不快で、回避したくなる感情を、心と体、あなたの感覚のすべてを開いて、受け容れ、味わい、そして手放してください。

 

 思いっきり泣いてOKです!

 

クッションに八つ当たりしながら、怒ったってOKです!

 

あなたの内側からわきおこってくる感情を、全面的に感じ切ってください。

 

そして、少し、落ち着いてきたら、あなた自身と対話してください。

 

自分の内側、心、体、ハラが望むことを聞いて、答えを導きだしてくださいね。

 

「頭の中で考える」「思考する」ことは、自分の外側に、自分の求めるものを求めているということ。

 

答えを外側に求める限りは、永遠に、あなたが求めるものを手にすることはできない。

 

※ハイデガーという哲学者が、

 

「人間は理性を持つので、どんな<ここ>に対しても<ここではないどこか>を想像する」

 

と言っています。
繰り返しになりますが、人間は唯一、言語を持つ生き物です。

 

言語は思考と結びついていて、ものとものを、どんどん関連づけることができる性質があります。

 

思考は、過去について考え、未来について想像することができます。

 

でも、今、この瞬間の体験を、阻害してしまう働きがあるのです。

 

亮さんの、今、この瞬間、の体験は、

 

「いろいろなことを勉強して、これまでの自分自身を振り返り、元カノにアプローチしてきた。でも、人としては好きだけど、彼氏ではないと振られてしまった」

 

という、元カノとの関わりの体験です。

 

この、今、この瞬間の体験に対して、頭で考える(思考して)ことだけで、対処しようとしているから、どんな<ここ>に対しても、<ここではないどこか>を想像してしまっている。

 

つまり、

 

>>とりあえず、様子を見ながら元カノと新しくできたら嬉しい彼女を同時に探していきます。

 

>>新しい彼女探しは、いろんなコミュニティに参加して探すとして、元カノは、期間を空けるべしですかね?それとも、週一ぐらいでメールした方がよいですかね?

 

と、今、この瞬間の体験に対して、ありありと接触することなく、「未来」の方策を巡らすことになってしまっているのです。

 

 今、この瞬間に対して、あなたの心、体を開いて、

 

・自分の内側と対話しろ!

 

いいな!俺も、お前の悲しみ、受け止めるからさ!

 

お前も、お前自身を受け止めてやれ!

 

以上

 

・【失恋対策】好きな人、元カノに告白!でも振られた…場合の正しく「立ち直る」方法

 

についてお伝えしました。

 

バイビ!永峰あや

 

 

  nagamine-blog-soudan-footer   恋愛心理