好きな人の心を釘づけ♡長続きする人は知っている「愛情」と「◯◯」の違いとは?

無料通信講座「復縁メール術」を今スグ受講する

こんにちは、永峰あやです。

「彼女に振られました。いつも怒って逆上する僕に嫌気がさしたって。でも、彼女はいつも僕のことを否定してくるから…。どうしたら復縁できますか?」

「付き合ってる人も、親も、職場の上司も、同僚も、みんな私の意見を聞いてくれません。なんでこんなに否定されないといけないんでしょうか…」

「婚活してます。でも、いざ会うと、みんな私のことを否定してきます。なんでこんな目に合わないといけないのでしょうか…」

 

いつも、恋人、親、職場の人々などに「否定」されたと思い、怒りや悲しみをぶつけた結果、関係を壊してしまうあなたへ。

好きな人の心を釘づけ!長続きする人は知っている「愛情」と「◯◯」の違いとは?

ついてお伝えします。

 

もし、あなたがこれを知らなければ…

相手が好意で言ったことを、「否定された」と間違った解釈をして、関係をぶち壊してしまいます。

 

でも、もし、あなたがこれを知ることができたら…

相手があなたに望んでいることを、しっかり受け止めることができるので、より一層、信頼を掴むことができます。

 

これさえ知れば、恋愛成就!

好きな人とずっと仲良し!

職場の人間関係も良好!

みんなに愛され、しあわせな毎日を送ることができちゃいます!

ぜひ最後まで読んで、すぐに実践してくださいね!

1.だからぶち壊れる!否定された人がしくじる2つの行動パターン

自分の気持ちや意見を、一生懸命、相手に伝えているのに、否定されてしまう…。「否定される」って、とてもつらいことですよね。

多くの人が、相手のふるまいや言動に「否定された」と思い、怒りや悲しみを感じます。

 

そして、「否定された」と感じた人は、

パターン1:自分の「痛みの感情」を、相手に直接ぶつける

パターン2:「痛みの感情」を抱えたまま、相手を無視する

のどちらかをして、相手との関係を壊してしまいます。わかりやすい例を紹介しますね。

パターン1:自分の「痛みの感情」を、相手に直接ぶつけてしまう人の例

あなた:「それどういうこと?俺が間違ってるってこと?なんでいつも否定してくんの?」

彼女:「何でそんなに怒るの?別に、私、あなたのこと否定してないし!」

あなた:「否定してるだろ!いちいち俺のやることに文句つけて」

彼女:「はあ?だから否定してないって。やり方を変えたほうが、効率がいいんじゃないの?って提案しただけだし…」

このように、相手に否定されたことによって生じた、悲しみや怒りをぶつけて、せっかくの仲をぶち壊してしまいます。

パターン2:「痛みの感情」を抱えたまま、相手を無視してしまう人の例

あなた:「そうかな~。……」(なんか、めっちゃ否定されてるし…)

彼女:「うん。そうしたほうがいいと思うよ!」

あなた:「……。……。」(何も知らないくせに、何で否定すんだよ!)

彼女:「あれ?どうかしたの?」

あなた:無視して、近くにあった雑誌を読む

彼女:「何で黙ってるの?何か私悪いこと言った?ちゃんと話してくれないとわからないよ…」

黙り込み、無視し続けた結果、相手を混乱させてしまっています。

 

どちらのケースも、相手に言われことに対して、あなたが「否定されている」と思い込んだ結果、関係を壊してしまっていますよね。

2.なぜ、あなたは「否定された」と感じるのか?

では、なぜ、あなたは「否定された」と感じるのでしょうか?それは、

「愛情関係」と「協同関係」の違いを知らないからです。

 

対人関係は、目的によって、「愛情関係」「協同関係」の二つに分けられます。

「愛情関係」:愛情や安心を受け取ることが目的の関係。心理的なつながり(心と心のつながり)がある、親密な関係。持続的で、状況が変化しても解消されない関係。

「協同関係」:役割分担しながら、一緒に協力して、作業や課題を達成することが目的の関係。愛情とは無関係の、目的や利益で結びついた、合理的な関係。目的が達成されたなど、状況によって解消される関係。

恋愛だけでなく、すべての対人関係をうまくやりくりするコツは、この「愛情関係」と「協同関係」をバランスよくのりこなすことです。

では、あなたが「否定された」という気持ちをもう少し具体的にしてみましょう。

「私という人間を否定された」「私という存在そのものを否定された」というニュアンスではないでしょうか。

例えば、上司に注意されて「否定された」という場合を考えてみましょう。

 

上司とあなたは、仕事のタスクを達成するための「協同関係」です。なので、上司があなたに注意したのは、「仕事のやり方」であって、「あなたの人格そのもの」ではありません。 

多くの人は、「協同関係」の文脈で指摘されたことを、「愛情関係」の文脈で解釈してしまうから、「自分の人格そのものを否定された」と苦しんでしまうのです。

※「愛情関係」は心と心のつながりなので、その人の性格や、態度が問われることが多いですが、「協同関係」では、それらはあまり問われません。

 

繰り返しになりますが、相手は、あなたの「人格」を否定したのではなく、「やり方」を改善するようにアドバイスしただけ。だから、どうか傷つかないでくださいね!

ややこしのが、恋愛関係(夫婦関係)です(※両者ほどではないですが、親子などの家族も含まれます)。

 

なぜなら、

恋愛関係(夫婦関係)は、「愛情関係」と「協同関係」の両方が含まれた関係だから

です。

 

例えば、あなたに彼女がいた場合、「一緒に料理を作る」「デートを楽しむための費用を折半する」などは、「協同関係」の要素。「優しく接する」「誠実な態度でいる」などは、「愛情関係」の要素になります。

でも、このように、二つ含まれていることをしっかり理解できれば、あなたと好きな人の関係は、グググっと良くなっちゃいます!

3.アクションプラン:「否定された!」を「受け入れてくれた!」に変える2つの方法

それでは、最後に、あなたの「否定された!」を「受け入れてくれた!」に変える、魔法のコミュニケーション術を紹介します。

方法1:相手が、「協同関係」の文脈で言っていることなのか、それとも「愛情関係」の文脈で言っていることなのかを、「ひと呼吸」おいて、見極めてから返答する

例えば、あなたが彼女に、「なんでちゃんと片付けてくれないの!」と言われたとします。この場合、彼女は、どちらの文脈で、あなたに訴えていると思いますか?

 

はーい、「ひと呼吸」おいて、考えてみてくださいね。



正解は「協同関係」ですね。

 

片付けという目的を達成するときの「やり方」が良くない!と言っているのであって、あなたの「人格」を否定しているわけではありません。

(※ここを、取り違えるから、関係をぶち壊すことになっちゃうんです)

方法2:相手の言っていることがわからない場合は、どちらの文脈で言っているかを質問する

例えば、あなたが彼女に、「ひどい!本当に優しくない人だね!」と言われたとします。この場合、彼女はどちらの文脈で、あなたに訴えていると思いますか?

 

「愛情関係」と「協同関係」の要素が入り混じっている、微妙なところですよね。

 

このような場合は、次の魔法の質問を使うとうまくいきます。

「”優しくない人”っていうのは、僕の「性格(人格)」について言っているの?それとも、僕の「言葉や行動(やり方)」に問題があるから変えてほしいってこと?」

 

つまり、

「性格(人格)」について指摘しているの?それとも「やり方」について指摘しているの?かを質問する

ということです。

すると…

「本当は優しい人だってわかる。でも、「言い方」がひどいから、変えてほしいの!」

「何回かデートしてるけど、やっぱり性格に問題があるんじゃない?思いやりがなさすぎるよ…」

と、明確な返答をもらうことができます。

 

「わかった…じゃあ、どんな言い方をすればいいかな?」

「思いやりがないか…。正直、性格を指摘されるのは辛いけど、自分について考えてみるよ」

このように、あなたも指摘されたことを改善して、より良い関係を作ることができます。

 

こんな感じで、大切な人と、心と心のつながりを深めていってくださいね。

 

以上、

出世、恋愛、婚活、夫婦、就活に効果大!人生の成功者だけが知っている、2つの人間関係の違いとは?

についてお伝えしました。

今日はこのへんで♡

永峰あや

無料通信講座「復縁メール術」を今スグ受講する

ABOUTこの記事をかいた人

6年間に及ぶ精神科病院での診療経験を基に、ゲリラな人間心理の専門家として活動中。電話相談師としての累計相談回数は11152件以上と圧倒的で、常に順番待ち。メールボックスには毎日喜びの声が寄せられている。相談内容は恋愛、仕事の悩み、人間関係、鬱など様々。相手を包み込むような愛情と、ガツンと響くストレートなアドバイスはとても人気があり、日本全国に数多くのファンを抱える。連日相談申し込みが殺到しており、今から申し込んでも相談は1ヶ月後より先になってしまうほど人気。現在は「恋愛相談師」として、特に復縁に悩む男性に向けて、自身の経験や、電話相談師として見てきた数多くの女性のリアルな意見を取り入れた復縁術を公開中。