女を惚れさせるゴールド男は「ちんこ」と「まんこ」の両方を持っている!

復縁メール

↑↑↑今回の記事に関連する【特別動画】です。

詳細を知りたい方は、記事を読んだあとに、見てくださいね!

 

こんにちは。永峰あやです。

 

今回は、佳代子さん(28歳)
からの恋愛相談「婚約中の彼がピンサロに行ったことが許せません」

 

を通して、

 

【ゴールド!!男塾】
女を惚れさせるゴールド男は
「ちんこ」と「まんこ」の両方を持っている!

 

についてお伝えします。

 

仕事もできる、そして女を惚れさせる
要素を兼ね備えたゴールド男のあり方について解説するので、

 

「男としての自信がない男性」は必ず読んでくださいね。

 

※恋愛における男と女の本質、
人間存在に迫る、至極、大真面目な内容です。

 

心してついてきてください。

 

それでは、まずは佳代子さんからの相談内容を紹介します。

 

 

結婚相談「婚約中の彼が
ピンサロに行ったことが
許せません」佳代子さん 28歳 女性

 

つきあって4年目の彼と、三ヶ月後に結婚します。

 

とてもしあわせな気持ちで
準備をすすめてきましたが、
1ヵ月前、彼が風俗に行って
いたことがわかりました。

 

それ以来、私の中でモヤモヤが
消えず、仕事も手につかないし、夜も眠れません。

 

彼が風俗に行ったのは半年前で、
仕事のつきあいの飲み会のあと、
上司に断れず、ピンサロに行ったようです。

 

「私とつき合う前には、何回か
行ったことがある」という話は聞いていましたが、

 

それは私とつき合う前のこと
なので、特に気にしていませんでした。

 

でも今回、私とつきあっている最中に、
風俗に行っていたことを知り、
ショックでつらくてどうにもなりません。

 

このモヤモヤをなんとかするために、
彼にピンサロでの様子を詳しく聞いたり、

 

ネットの掲示板でいろんな女性の
意見を読みましたが、よけい苦しくなってしまいました。

 

昨日も彼と話し合いをして、
「断ろうと思ったら断れたんじゃないの」と責めてしまい、

 

10年以上人前で泣いたことのない彼が
「1回しか行ってないし、
これからは絶対いかないから
信じてくれ」と泣いていました。

 

今まで大きなケンカもなく、
私を支えてくれた彼なので、
結婚したいですが、

 

こんなモヤモヤを抱えたまま
うまくやっていく自信がありません。

 

スッキリするためには、
彼と別れるしかないと思いますが、
親や友達も祝福しているので、いまさら後戻りもできません。

 

どうしたらスッキリできるでしょうか。

 

(この相談内容は、公開の承諾を得ています)

 

 

「男のプライド」という下駄をさらりと脱げる、
「ウーム・マン(子宮の男)」こそ真のゴールド男

 

本題に入る前に。

 

前回、前々回とこれまでは2回にわたり、
佳代子さんの「ピンサロに行った彼を許せるor許せない」

 

という悩みを素材に、
「女性特有の心理」「男の事情」
「男と女のセックス観の違い」を解説しています。

 

前2回をの記事を読んでいない方は、
ぜひ下記も合わせて読んでくださいね!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【愛のそうだん酒場】婚約中に
風俗に行ったことが彼女にバレ
婚約破棄の危機!修復を願う彼に28歳女性が下した結果

 

【女性心理】女性が
「風俗に行く男性」を許せない「心理感情的セックス」観

 

それでは本題。

 

つきあって4年目の彼との
結婚を3ヵ月後にひかえ、

 

彼がピンサロに行っていたこと
が発覚し、モヤモヤでいっぱいの佳代子さん。

 

「許せない」という気持ちから
結婚破棄を考えていますが、
私から言わせてみれば本質が見えないバカ女の極みです。

 

風俗に行った佳代子さんの彼は、
仕事もできる、女をしあわせにることもできる究極のゴールド男。

 

女性にとって
「結婚生活において最高のパートナー」

 

としての資質を持っている男性といえます。

 

ぜひあなたにも
佳代子さんの彼のような
「ゴールド男としてのふるまい」をしてほしいと思います。

 

※ここで注意してほしいのは、
あなたも男になるために
「ソープに行け!」と言っているのではありません。

 

北方謙三のハードボイルド人生相談「試みの地平線」ではありません。

 

あくまで、永峰あやの復縁集中治療室です笑

 

では「風俗に行け!」ではなく、
あなたに見習ってほしい
「ゴールド男してのふるまい」とは具体的に何なのか?

 

それは、「男のプライド」
という下駄をさらりと脱げる、
内なる女性性に自覚的な新しい時代の男子、

 

「ウーム・マン(子宮の男)」
としてのふるまいをしてほしいということです。

 

?????????

 

※抽象的で難しい言葉が
出てきますが、「男と女の究極の性愛の極意」について話しています。

 

この内容が理解できれば、
あなたもマン・オブ・ゴールド街道まっしぐらです。

 

3回読み直して理解することを前提に読み進めてください。

 

 

盲目のヒーラー「ヴィッキー・ウォール」が説く
「ウーム・マン(子宮の男)」=新しい時代のゴールド男

 

私は、恋愛相談師として
悩める男女の恋愛指南をしていますが、

 

オーラ・ソーマというカラーセラピーの
プラクティショナーとして、
色彩心理学の見地から人生コンサルティングも実施しています。

 

ここからは、佳代子さんの彼の
「ゴールド男としてのふるまい」を解き明かすために、

 

私が実施している
オーラー・ソーマ・カラーケアシステムの創始者の

 

イギリスの盲目のヒーラー、
ヴィッキー・ウォールの言葉を引用します(以下)

 

 

世間では、何が女性的で、
何が男性的であるかについての
厳密な取り決めがあり、

 

男は支配的であれ、
といったたぐいの義務が、
考え方そのものの中にプログラムされるのです。

 

(略)

 

けれども、真の創造性は子宮に代表されるように、

 

完璧なバランスは、
内なる男性と女性の二つの側面を認識し、

 

それらを調和させることで達成されます。

 

(略)

 

すべてを男とする状態を放棄して初めて、
全人-両性の人間となることができるのです。

 

ヴィッキー・ウォール

 

 

この言葉を簡潔に、わかりやすくまとめると。。。

 

世の男は、社会や世間の要請通り、
支配や上下関係に重点を置く
「男性性」にのみ固執して生きているが、

 

その固執を捨てることができたら、
本来持っている「女性性」も「男性性」も両方生きることができる。

 

すなわち、固執を捨て、
「男性性」と「女性性」の両方を
生きることができる男こそ、

「人間そのもの」を生きる「真の男」なのである

 

ということを、ヴィッキー・ウォールは言っています。

 

 

男も女も「男性性」と「女性性」の両方を持っている
男も女も心の「ちんこ」と「まんこ」の両方を持っている

 

男なのに、「男性性」も「女性性」も両方持っているって???

 

実は、佳代子さんの彼だけでなく、
あなたも、私永峰も、人間は、
「男性性」と「女性性」の両方を持っています。

 

わかりやすく言い換えるなら、

 

男も女も、心の「ちんこ」と「まんこ」を両方持っている!

 

ということです。

 

男性の内側にも「男性性」と「女性性」の両方があり、

 

女性の内側にも「男性性」と「女性性」の両方があります。

 

(※ヨガの見地では、
身体の右半身が「男性性」、左半身が「女性性」といわれています。)

 

「男性性」は「理性的」で「能動的」なエネルギー、

 

それに対して「女性性」は
「受容的」で「直感的」なエネルギーで、対極なものです。

 

タロットーカードや占星術では、
「男性性」は不動に君臨する「太陽」として、

 

「女性性」は満ちては欠ける
柔軟で繊細な「月」として表現されることもあります。

 

 

ここで今一度、佳代子さんの彼の行動と言動に注目してください。

 

>>彼と話し合いをして、
「断ろうと思ったら断れたんじゃないの」と責めてしまい、

 

10年以上人前で泣いたことのない彼が
「1回しか行ってないし、
これからは絶対いかないから信じてくれ」と泣いていました。

 

人前で10年以上泣いたことないって、半端ないッスよ。

 

きっと「男は強くあれ」と叱咤激励されて育てられたのでしょう。

 

だからこそ上司の「通過儀礼」
も受け入れ、男性原理で動いている
日本企業の従来型コミュニケーション
にも柔軟に対応しながら働けているのかもしれませんね。

 

そんな、男前の彼が、
ひとりの女性に責められて泣くって、、、。

 

実にすごいことです。

 

これまで20年以上、
男のプライドという下駄をはいてきたのに、

 

それを佳代子さんのためなら、
さらりと脱ぎ捨ててしまうのですから。

 

(この彼のエピソードを聴いて、
相談中、私は膝を叩きすぎてアザになってしまいました。)

 

悲しいことに、こういった場面で
「女のくせに」とか、「男なんだから仕方ない」と開きなおり、

 

挙句の果てに怒って相手を責める男性は少なくありません。

 

女性の意見は聞き入れず、
「プライド」という「男性性」に固執して、
自身の「女性性」に無自覚な男性が大半です。

 

※逆もしかりで、
男性が「頼りたい」「引っ張っていってほしい」と、

 

自身の「女性性」を表明しているのに、
「草食系」「弱いからダメ」と批判する風潮もあります。

 

自身の「男性性」に自覚的で、
がしがし働く女性に対して、
「女らしくない」というのも、

 

片方の性に固執して、
「人間」として生きていない貧弱なヤカラの言動と言えるでしょう。

 

男性原理中でたくましく働き、
愛する女性の悲しみや希望を
受容できる佳代子さんの彼は、

 

ヴィッキー・ウォールのいう、
内なる女性性に自覚的な新しい時代の男子、

 

「ウーム・マン(子宮の男)」です。

 

これこそ、真のゴールド男は、
心の「ちんこ」と「まんこ」の両方を持っている!ということななのです。

 

 

最後に。

 

「バカ女の極み」と言い捨てて
しまった佳代子さんにも大切なメッセージを。

 

なにより私が強調したいのは、
佳代子さんの存在が、
彼の「女性性」を引き出したということです。

 

佳代子さんは、
ひとりの男を「人間」にした、
フェミニンリーダシップを発揮できる偉大な女性なのです。

 

どうぞこれからも、互いの
「男性性」と「女性性」を、
交錯させながら、豊饒な「性愛」を味わってほしい!

 

そう願うばかりです。

 

 

最後の最後に。

 

ゴールド男になりたけりゃ、
お前の心の「ちんこ」と「まんこ」を覚醒させよ!!!

 

永峰あや

hukuen-mail nagamine-banner3

 

恋愛心理