コンプレックス・自信がないを克服!自分磨きで元カノと復縁

復縁メール

こんにちは、永峰あや(@delightcolour )です!あなたはこんなことで悩んでいませんか?

  • 「自信のない自分を変えて、元カノと復縁したい」
  • 「かっこいい男になって、彼女を見返したい」
  • 「自分に自信がない、コンプレックスを克服して、恋愛したい」

彼女が彼氏に別れを切り出す理由の一つに、「自信のなさ・コンプレックスを改善しないから」というものがあります。

自分の自信のなさを彼女のせいにしていなかったか?彼女に依存するカッコ悪い男になっていなかったか?

自分磨きをして、自信のなさ・コンプレックスを克服!元カノの心を釘付けにするモテ男に変わりましょう。

1.彼女が彼氏に別れを切り出す10の理由

私の恋愛カウンセリングにおいて、

  • 「彼女に振られて辛いです」
  • 「別れた彼女と復縁したいです!」
  • 「彼氏と別れようかどうか悩んでいる」
  • 「彼氏に”別れたい”と言っているのに、別れてくれません」

という男女の声を集計した結果、彼女が彼氏と別れる理由は、主に次の10個になりました。

  1. セックスが嫌だから
  2. 自信のなさ・コンプレックスを改善しないから
  3. 嫉妬・束縛をするから
  4. 連絡の頻度が減ったから
  5. じっくり話を聞いてくれないから
  6. 「ありがとう」「愛してる」など愛情表現をしなくなったから
  7. 外見・容姿について指摘するから
  8. 結婚について真剣に考えてくれないから
  9. 価値観が合わないから
  10. 他に好きな人ができたから

今回は、10の理由のうち、2.の「自信のなさ・コンプレックスを改善しないから」についての詳細と、かっこいい男になる自分磨きの方法をお伝えします。

2.元カノの別れの理由「自信のなさ・コンプレックスを改善しないから」

自分の自信のなさ・コンプレックス・不完全さを埋める代用品として彼女の愛情を搾取していると、相手は「重い」「都合のいいように利用されている」と感じ、別れを切り出します。

人は、親の期待、世間体、学歴・収入などを気にして、外界に合わせているうちに、自分らしさを見失い、痛みの感情やストレスが蓄積されていきます。

  • 親に「ダメだ」と否定されないように、顔色をうかがい、期待に応える良い子になる
  • 「普通」というレールから外れるのが怖いから就職活動する
  • 友達から嫌われないようにキャラを演じて、自分の価値観を歪める

このような過程で、無意識のうちに、

  • 「本当にやりたいことがわからない、自分がない人間だ…」
  • 「何をやっても思うような結果が出せないダメな人間だ…」
  • 「他の人に比べて、能力が低く、人間的な魅力もない…」
  • 「他の人に嫌われるのが怖い…」
  • 「人見知りで、他者とのコミュニケーションがうまくできない…」

など、自信のなさ・不安・孤独・劣等感・欠乏感などが蓄積されます。

そこに「救世主」として現れるのが、「恋愛関係」つまり「彼女」という存在です。

彼女が、「好きだよ」と優しく愛情を注いでくれているうちは、自信のなさ・不安・コンプレックスなど不完全な感覚の全てが満たされます。

しかし、彼女が男性のニーズを満たし損ねた時、覆い隠していた、自信のなさ・不安・コンプレックスがどっと溢れ出し、それを彼女のせいにします。

  • 「俺より女友達を優先するなんて、本当に俺のこと好きなの?」
  • 「上司にダメ出しばかりされる。お前も、本当は俺のこと、ダメな奴って思ってるんだろ!」
  • 「僕のこと責めてるの?結局、僕が悪いってことね」

彼女を責めたり、自分のペースに引き込んだりして、相手からの愛情や思いやり、賞賛を引き出そうと不健全に利用します。

このように、一方的に搾取され続けた彼女は、心身ともに疲弊し、別れを切り出します。

彼女は、自信のなさ・コンプレックス・不完全さを埋める代用品ではありません。

自分の弱さに責任を持ち、しっかり改善していくようにしましょう。

3.自信のなさ・コンプレックスを改善する自分磨き

次の3つの作業を実践して、自信のなさ・コンプレックスを改善しましょう。

次の手法は、心理学では「外在化」と言われるものです。

わかりやすく言うと、「紙に書き出して、目に見える化」する作業です。

地味で根気がいりますが、実践すれば、とてもパワフルな自分磨きの方法です。

ぜひ実践して、自信に満ち溢れた、かっこいい男性になってください。

3−1.自信のなさ・コンプレックスを明確にする年表を作る

元カノと復縁するためには、自分の自信のなさ・コンプレックスを明確にし、改善する必要があります。

まずは、自分が生まれてから現在までの出来事・体験をふりかえり、具体的にどのような自信のなさ・コンプレックスを抱いているのかを明確にしましょう。

そのために、次の手順で、誕生~成人するまでの自分の体験を振り返り、年表を作りましょう。

  1. 紙を用意して、年表の枠を作ります。左から、「いつ」「どのような環境や出来事だったか」「どのような体験だったか」の順に3分割して、0歳~20歳までの体験を書き込めるように準備する
  2. 幼い頃から20歳の記憶を振り返り、年表に書き込む

以下のようなことを、丁寧にふりかえり、年表に書き込みましょう。

  • 「どんな家庭に生まれたのか?」
  • 「自分はどんな赤ちゃんで、周りが自分をどんなふうに扱っていたのか?」
  • 「思い出せる一番古い記憶はどういうものか?」
  • 「保育園や幼稚園ではどんなふうに過ごしたか?」
  • 「父親はあなたにとってどんな父親だったか?」
  • 「母親はあなたにとってどんな母親だったか?」
  • 「父親や母親との印象的な思い出は?家庭はどのよな雰囲気だったか?」
  • 「家の中で、あなたはどんな体験をしたか?」
  • 「家の外ではどんなことをして遊んでいたのか?」
  • 「仲の良い友達はいたのか?」
  • 「小学校に上がってどうだったか?」
  • 「学校生活はどのようなものだったか?」
  • 「先生との関係はどうだったか?」
  • 「同級生との関係はどうだったか?」
  • 「勉強はどうだったか?放課後はどうしていたか?」
  • 「中学生に上がってどうだったか?」
  • 「高校生になってどうだったか?」
  • 「大学や専門学校、就職してどうだったか?」
  • 「楽しいことはあったか?」
  • 「つらいことはあったか?」

「しあわせな体験」も「傷つき体験」も、「これは今の自分になんらかの影響を与えている体験だ」と感じたら、それをしっかり思い出して、書き留めるようにしましょう。

年表を作る際のポイントは、「頭でさらっと振り返る」のではなく「心でがっちり振り返る」ことです。自分の自信のなさ・コンプレックスを知るためには、自分の体験について実感を込めて理解することが不可欠です。

例えば、「しあわせ体験」を振り返る際は、「本当に楽しかった!」「人生で一番笑った体験だ!」「泣きそうなほどうれしいな」と、体験に伴う感情をありありと味わいながら書き出してください。

逆に「傷つき体験」については、「とても辛かったけど誰にも言えなかった」「ずっと我慢してたけど本当は悲しかった」など、傷ついた、恐怖、不安、ショック、怒り、孤独といったネガティブな感情を抱いている過去の自分を、抱きしめ、共感しながら取り組んでください。

※20歳以降の記憶について、振り返るか、振り返らないかは、自分の心と相談して決め手ください。

  • 「20歳まで振り返ってみて、現在の自分を作っている体験はすべて出たからここまでで大丈夫だ」
  • 「28歳までは、未熟で、トラブルだらけだったから、28歳までは振り返ろう」
  • 「30歳のときの、職場での出来事が、現在の自分に大きく影響している。あの体験だけは、しっかり振り返っておこう」

という感じで、取り組んでみてください。自分の心と相談しながら「やり切った!」と感じられるまで書き出してみてください。

3−2.自信のなさ・コンプレックスに名前をつける

過去の体験を心でがっちり振り返り、書き出すという作業はとても大変です。

特に自信のなさ・コンプレックスを明確にする年表づくりは、良い体験だけでなく、辛い体験も含まれてるので、とてもしんどい作業です。

このようなしんどい作業を経て、自分について深く知ることができたあなた自身をねぎらってください。

落ち着いたら、書き出した「傷つき体験」をじっくり読んで、味わいましょう。

過去の「傷つき体験」が、あなたの自信のなさ・コンプレックスに影響しています。

「傷つき体験」をじっくり味わって、自信のなさ・コンプレックスに「名前をつける」「キャッチフレーズをつける」という作業をしてください。

例えば、

  • 【いつ?】:9歳
  • 【どのような環境や出来事だったか】:太っていて、学校では「デブ」「ぶた」とからかわれた。
  • 【どのような体験だったか】:どうせデブは何をやってもダメだ…と自分の容姿だけではなく、全てを否定するようになった
  • 【コンプレックス名】:どうせデブ妄想

のように、キャッチフレーズをつけましょう。

3−2.改善策を出し、行動する

自信のなさ・コンプレックスが明確になったら、改善策を出しましょう。

改善することができれば、自然と彼女の心身を満たす男性になれるので、復縁できる可能性が高まります。

ことがらによっては、改善するのに時間がかかるものもあるでしょう。

すぐに改善できなかったとしても、ポジティブな未来像に向かって取り組んでいることが伝われば、彼女が前向きに考えてくれるようになります。

コンプレックスの横に、赤ペンで改善策を思いつく限り書き出しましょう。

全て書き出したら、レッツトライ!今日から具体的に行動しましょう!

最後に、もっと本格的に自分磨きをしたい人へ

  • 「もっとがっつり、自信のない自分を変えたい!」
  • 「さらにかっこいい男になって、元カノと復縁したい!」
  • 「徹底的にコンプレックスを改善して、魅力的な男になりたい!」

という人は、私の電子書籍『引き寄せは古い!誰でも好きな女性と付き合える15のセルフカウンセリングワーク』を読んで、15のワークを実践してください。

パワフルな自分磨きワークが盛りだくさんなので、かっこいい男になって、好きな女性の心を釘付けにすることができます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

永峰あや♡

恋愛心理

ABOUTこの記事をかいた人

6年間に及ぶ精神科病院での診療経験を基に、ゲリラな人間心理の専門家として活動中。電話相談師としての累計相談回数は11152件以上と圧倒的で、常に順番待ち。メールボックスには毎日喜びの声が寄せられている。相談内容は恋愛、仕事の悩み、人間関係、鬱など様々。相手を包み込むような愛情と、ガツンと響くストレートなアドバイスはとても人気があり、日本全国に数多くのファンを抱える。連日相談申し込みが殺到しており、今から申し込んでも相談は1ヶ月後より先になってしまうほど人気。現在は「恋愛相談師」として、特に復縁に悩む男性に向けて、自身の経験や、電話相談師として見てきた数多くの女性のリアルな意見を取り入れた復縁術を公開中。