復縁メールの4つの極意  ~復縁メールテクニック (タイミング、内容、返信頻度など) より重要な4つの本質的要素~

復縁メール

↑↑↑今回の記事に関連する【特別動画】です。

詳細を知りたい方は、記事を読んだあとに、見てくださいね!

 

こんにちは。
恋愛相談師の永峰あやです。

 

彼女から別れを告げられたけど、
よりを戻したいからなんとかうまく連絡をとりたい。

 

彼女と別れて2ヶ月。
未練があるからLINEしたけど返信がない。

 

元カノとの復縁を心に誓い、
自分磨きをはじめて1ヵ月。
元カノの心を動かしたいけど、どんなメールをしたらいいの・・・

 

今回は、別れた彼女と復縁するために、

 

再び彼女に恋愛感情を
抱かせることのできる復縁メールの極意、

 

復縁メールの4つの極意
~復縁メールテクニック
(タイミング、内容、返信頻度など)より重要な4つの本質的要素

 

についてお伝えします。

 

 

元カノとの復縁に向けて
取り組んでいる近藤さんからの復縁メールに関する相談

 

まずは、
この「復縁メールの4つの極意」
を私がお伝えするキッカケとなった

 

永峰あやの復縁メール術を
読んで
実践しているものの、
うまくいっていない
近藤さん(27歳)からの相談メールを紹介します。

 

こんにちは。
いつもお世話に
なっております。

先日、元カノに約2週間振りに
LINEをしました。

 

挨拶程度のたわいもない
内容の
LINEだったのですが、
元カノの普通すぎる返信が、
「僕にはもう気持ちがないんだ」と心にこたえます。

 

付き合っている最中は
お互いほとんど連絡を取り合わなかったのに、

 

別れた後僕から連絡が来る
=(イコール)まだ私に恋愛感情がある。

 

という解釈をされている様です。

 

普通の友達としてなら、
連絡しあう
のはいいけど、
恋愛としてなら無理!
という雰囲気が文面から伝わってきます。

 

僕自身、普段は落ち着いて
仕事しているし、

 

復縁に向けて自分磨きも
できているものの、

 

ちょっとした隙に大きな負の感情
(悲しい、寂しいと言った気持ち)に襲われては不安になります。

 

このまま、取り組んでいって大丈夫なのでしょうか?

 

感情のまま、何の戦略もなく
復縁メールを送ってはダメ!
彼女の心を動かすコミュニケーションの3つの要素

 

近藤さんは、彼女との別れの
原因を真摯にふりかえったり、
再び彼女に恋愛感情を
抱かせるためのコミュニケーションテクニックを学んだり、

 

復縁にむけてとてもがんばってくださっている方です。

 

ぜひ復縁していただきたいので、
しっかり質問に回答させていただきますね。

 

まず、近藤さんのマイナス点は、

 

何の戦略や目的もなく、
「感情のまま何となく」
復縁メールを送ってしまっている点です。

 

近藤さんやあなたが、
「何のために」彼女に
メールを送ったり、デートに誘ったりするか。

 

それは、彼女の心を動かして、
彼女の気持ちを自分に向けて、恋人同士になるためですよね。

 

メールだけでなく、電話、会話など、、、

 

彼女の心を動かすための
コミュニケーションは
3つの構成要素で成り立っていることを
しっかりおさえてください。

 

※手前みそになりますが、
私は恋愛や人間関係などの
悩みを抱える人の心を摑み、
解決に向けての行動に踏み出させる
「相手の心を動かすコミュニケーション」のプロです。

 

私は、いつも以下の
3つの構成要素を意識して電話相談しています。

 

1 技術、テクニック

これは、復縁メールでいえば、
メールを送るタイミング、内容、返信頻度などになります。

 

2 本質

メールや会話の「骨格部分」
といえます。

 

1つ1つのメールや会話に
おける相槌の、目的や誰に向けてのといった部分になります。
そして、今回の本題である、
復縁メールの4つの本質的要素にあてはまる部分です。

 

3 精神性、スピリット

難しい表現ですが、どんな言葉や文章にも

 

「その人の思い」「発信者の念」
が込められていなければ相手の心には届かないし、

 

影響を与えることはできません。

 

これは、「言霊(ことだま)」
と言い換えることもできます。

 

あなたの彼女に送る
復縁メールはこの3つの構成要素で成り立っています。

 

 

復縁メールの4つの極意
彼女の心を動かすコミュニケーションの4つの本質的要素

 

恋愛や人間関係における
コミュニケーション教材で
多いのが、「技術、テクニック」に関してのものです。

 

もちろん、技術やテクニックも大切ですが、

 

本当に相手の心を動かしたい
のであれば、「本質的要素」
について熟知しておく必要があります。

 

近藤さんやあなたが
彼女の心をひきつける復縁メールを送るためには、

 

以下の4つの本質的要素、
「復縁メールの4つの極意」を意識してください。

 

1 彼女中心である

2 1通1通のメールを「目的」を持って送る

3 送付する前に「彼女の反応」を予測して送付する

4 「実際の結果、反応」を分析し、次の行動につなげる

 

1 彼女中心である

「不安な気持ちを解消したい」
「自分の好きという気持ちを伝えたい」という

 

あなた自身の感情を満たすための
「自分本位」な態度で送っては絶対ダメです。

 

あなたが送るメールが、
自分にとってのメリットではなく
「彼女にとってのメリット」になることが大事です。

 

例えば、、、

 

「最近仕事忙しいけど大丈夫かな」
という彼女に対する「思いやりメール」、

 

「大好きなパン屋の新作が出てたよ」
という彼女にとってうれしい「情報提供メール」

 

が彼女中心のメールといえます。

 

あなたの感情を満たすメールは、
彼女を「思い通りにしたい」という自分勝手にすぎません。

 

愛=「与えること」「ギブすること」。
どんどん、彼女に価値やメリットを与えてあげてください。

 

 

2 1通1通のメールを「目的」を持って送る

何度も繰り返しになりますが、
「自分の好きという気持ちを伝えたい」

 

「さみしいから送る」というのは、
何の戦略もないまま、
感情論で真珠湾攻撃をしかけ
第二次世界対戦に玉砕した日本軍と同じです。

 

復縁においても神風は吹きません。

 

例えば、
・復縁したいという感情はない。
「害のない人」という立場を得るために、

 

1通目のあたりさわりのないメールを送ってみよう!

 

とか。

 

・少し親しくなってきたから、
友達ぐるみの飲み会が
できることを目的に誘いのメールを送ってみよう!

 

といった感じで、毎回のメールに
「目的」「ゴール」を設定してください。

 

 

3 送付する前に「彼女の反応」を予測して送付する

「彼女の反応」を予測せずに、
何の気なしに、感情的に送ってしまう。

 

だから、予測もしなかった
「恋愛感情がまったくない普通の返信」を受け取り、

 

「つきあっていた頃より冷たい」
「このまますすめていいのか」と混乱してしまうのです。

 

例えば、、、

 

復縁したいという感情はない。
「害のない人」というポジションを
達成するために「挨拶メール」を送った。

 

予測1 普通の内容の返信があれば「害のない人達成」としよう

 

予測2 迷惑そうな内容の
返信だったら、「前より怒りはおさまっているけど、まだまだ」と判断しよう。

 

予測3 返信なしの場合は、
「まだ相当怒っている」証拠だ。

 

このように予測をしっかりたてて、メールしてください。

 

 

4 「実際の結果、反応」を分析し、次の行動につなげる

1通のメールに一喜一憂している場合じゃありません。

 

復縁を勝ちとるためには、
立ち止まらずにゴールに向けて、
「次の手」をうつ必要があります。

 

彼女からの反応、「実際の結果」
を分析して、復縁メールの次の手順に進むか、

 

それとも別の行動をとるかなど
次の行動にしっかりつなげてください。

 

例えば、、、

 

・あまり良い反応じゃないから、
思い切って3ヶ月は冷却期間を置いてみよう。

 

その間、女性心理や女性が喜ぶ
コミュニケーションを勉強して自分を磨こう!

 

・予想以上に愛想のいいメールだった。

 

しばらく挨拶のやりとりを続けてみよう!

 

メールを送ったら送りっぱなし、
ではなく、必ず次の行動を決め、
さらに実行していくようにしてください。

 

さあ、早速取り入れて、復縁メールを送ってみましょう。

 

永峰あや

 

hukuen-mail nagamine-banner3

 

 

 

 

恋愛心理