愛とは、好きという感情ではなく「与えるという行為」である。

無料通信講座「復縁LINE術」を今スグ受講する

あや
どうも、ラブアカデミア学長/恋愛相談師の永峰あや(@delightcolour)です。

今回は、2019年3月23日(土)東京で開催した、私の恋愛の学校ラブアカデミアのゼミ

Men Of Gold Program(マン・オブ・ゴールド・プログラム)の公開グループワーク

について紹介していきたいと思います。

【Man Of Gold Program(MOGP)とは?】

  • その人の内側に本来備わっている「オリジナルの強み(ゴールド)」を発揮できるようになる
  • ”理由なき利他性”から思いやりを与えられるようになる
  • 大切な人と、対等に協力し合う愛の関係性を築けるようになる

を目的としたプログラムです。

1.今回のグループワークの目的

今回は

  • 愛とは何か?について学ぶ
  • 愛を受け取ること、与えることを体得する

を目的に開催しました。

2.タイムスケジュール

あや
じっくり、そして、こゆ~く、以下のようなスケジュールで取り組みましたよ。
タイムスケジュール

13:00 開場

13:30 自己紹介

①名前 ②自分の長所(強み)を一つ言って自己紹介

14:00 講義

14:30 自分の本質とつながるワーク

15:00 全体でワークのシェア

15:30 休憩

15:50 自分の強みを発見するワーク

16:30 コミュニケーション実践

17:00 感想

17:30 懇親会

20:30 解散 

3.自己紹介

 

あや先生
前回、濃密なワークを共に実践した方がほとんどで、もうお互いに知ってる知ってるー!!という感じ。

なので今回は、テーマ設定に合わせて次のような感じで一人1分間の自己紹介をしていただきました。

自己紹介
  1. 名前
  2. 自分の長所(強み)

を伝えて自己紹介する。

4.愛についての講義

講義の説明・・・

5.何を与えられるか?強みのワーク、感想

強みのワーク

  • ペアになる
  •  リーディングに合わせて瞑想する
  •  次の3つについて紙に書き出し、それぞれ起こった
    ことを話してシェアする

①自分が目的を達成した状況、自分が良い関係性を
得た状況
②あなたがつながった強み、その強みのエネルギーや感
じたことをそのままスケッチする
③その強みのフィーリングを感じた時、あなたのプ
ロジェクトや人間関係に何が起こったか

 

カズキさんの気づき、感想

カズキさん
強みのワークにおいて自分が描いた「良い関係性を得ている状況」についてですが…

自分は学校の先生をしてるんですけど、子どもたちの気持ちを受け止めてあげたときのいろんな出来事が、思い浮かびました。

渦が中心に巻いていくような感じで、そこから自分が浮き上がっていくようなイメージです。

あや
そこからカズキさんは自身のどんな強みを感じましたか?
カズキさん
自分はその渦を客観的にというか、遠目に見ているように感じたので、離れて見ることの重要性だとか、客観的に見ることが大事なのかなと。

落ち着いた気持ちになってるときにこそ、自分は他者の気持ちを受け止めるという強みが出るのかなと思いました。

あや
いいと思います。

俯瞰して見れば見るほど、多分また受け止めるということができると思います。

それは強みだと思うので、それに価値を与えてください。

どんどん使ってください。

コウタさんの気づき、感想

コウタさん
自分が目的達成した状況ということについて、僕は人の悩みを解決したときや、人を笑顔で溢れさせることができた状況が浮かびました。
あや
どんな光景が浮かびましたか?
コウタさん
まずは1人相手の人と僕が対面で手をつないでます。

その輪に、だんだん人が増えてって、手をつないでる輪がどんどん大きくなるというような感じで、全員が笑ってるようなシーンが浮かびました。

あや
そこからコウタさんのどんな強みを感じましたか?
コウタさん
もともと自分の強み自体は知ってたんですけど、やっぱりそうだなと改めて思いました。

その強みというのは、優しいところとか、結構人の役に立つことができるなというところとか、聞き上手なところ。

あとは、さまざまな価値観を受容していけるところ、自分のものにしてしまうようなことはしない、いわばジャッジしないというところ。

これは結構強みだと思ってるので、改めて「うん、そうだね」みたいな感じでしたね。

あや
手を取って輪でつながっていったときに、コウタさんはどんなあり方でしたか?

何をしていたとか。

コウタさん
自分は作りたい世界ができた。

その達成感でいっぱいなところと、全員が笑顔であるところ、が浮かびました。

なんかこう…皆が自然に笑顔になっているような感じです。

あや
笑顔というものが、何かどんどん人と手を取り合っていくということを通して、広がっていく、みたいな?
コウタさん
そう!そういった世界を広げていくみたいな感じですね。
あや
じゃあ、それは一番強みだと思います。

ご自身からいろんな強みが出たんですけど、特にいろんな人と手を取り合ってつなげていけるようなところがすごくあるんだと思うんです。

だから、人と手を取り合っていくということが僕の強みだ、というふうに、もっともっとそこに価値を与えてあげると、すごくいいと思います。

漠然と言葉で「受容する」だとか何とか言うよりも、手を取り合っていくことを意識してみる。

すると日常の中でこの人を笑顔にしたいというときに、取りあえず手を取り合おう、ということができますよね。

それはすごい強みだと思うので、具体的にコウタさんの日常に落とし込んでおくの大事かなと思いました。

マサキさんの気づき、感想

マサキさん
強みのワークで「自分が良い関係性を得ている状況」ということについては、前の彼女と一緒にいて、一緒に住んでいるような感じが浮かびました。

自分のあり方としては、相手に関心を向けて、思いやりを持って話聞いてあげたりとか、向こうが喜ぶことを与えることで自分が喜んでるみたいな、そんなイメージです。

そこから相手もそういう感じになってきて、お互いがそういう影響を与え合えてる感じ。

そして、他の人間関係もだんだん同じようになっていって、波及していくような、そんなイメージが浮かびました。

あや
マサキさんのどんな状態、あるいは、どんな行為が一番前の彼女との関係だったり周りの人との関係をいい状態に持っていってたとイメージしますか?
マサキさん
そうですね。

やっぱり関心を向けて話を聞いてあげるという行為ですかね。

今まで本当に人に関心を向けてなかったんです。

でも関心を向けると相手の感じも違うんで、まずはそこからかなと。

あや
それが強みだと思いますよ。

関心を向けることができてなかったんじゃなくて、それを強みとして使ってなかっただけだと思うんです。

今、自分に意識を向けたときに、相手に関心を向けている自分と一番つながれたんでしょうね。

だから、まだ意識的に実践し始めたばかりの強みかもしれないけど、そこに栄養を与えてあげると、もっといい関係ができると思うんです。

このまま自分の強みとしてどんどん育てていくといいと思います。

マサキさん
途中で、びくっとして、浮かんだ映像があって、体の中にすごく小っちゃい丸があって、そこからぶわーって光みたいなのが出てきたイメージが浮かんで…。

これ何なんだろう?と思って、そのときはよく分かんなかったんですけど、最後にシンボルとかいう話が出たんで、もしかしたら、これがそうなのかな?

あや
自分の感覚を大事にしてください。

それを思い出したら、自分の中の意識を相手に向けるというところに行きつきそうですか?

そしたら、このシンボルを使えばいいと思います。

あまり関係ないかもしれないということであれば、ちょっと置いといたほうがいいかもしれないですね。

マサキさん
ちょっと違う気もするんですよね(笑)
あや
なるほど。またそれはそれで大事な気づきだと思います。

ノリフミさんの気づき、感想

ノリフミさん
強みのワークでは、新たな良い仲間ができたという状況と新たな事業を発展させたという状況が一番に浮かびました。

人間関係と目標達成、二つをイメージしてます。

そして強みなんですけど、新たなことに挑戦する好奇心です。

人がハッピーになる仕組みを作りたい。

例えば電気とかガスとか水道って当たり前なんだけど、皆さんが知らないうちに生活を豊かにしてるものを作りたい。

そんな思いが、イメージとして湧いてきました。

あや
フィーリングを感じて何が起こりましたか。
ノリフミさん
期待感、不安、高揚感が今は起こってる状態です。
あや
仕組みを作る好奇心って面白い強みですね。
ノリフミさん
面倒くさがり屋なんですよ。

電気を一回ひきますよね。

もう永遠に流れますよね。

そういうものを作りたい感じです。

あや
なかなかそこに着眼する人なかなかいないですね。

だから私とは違うなと思って。

面白い強みだなと思いました。

トモヒロさんの気づき、感想

トモヒロさん
強みのワークで自分が想像した状況ですが、お客さんに対して、堂々と自分の考えを説明して、お客さんを納得させられた状況を想像しました。

その状況の中で自分が気付いた強みというのは、堂々とはっきりと、しっかりした声質、質量で、行動力をもって行動できるということなのかなと。

そういった強みを発揮できているときというのは、結果的に周りが自分についてくるようなシチュエーションになることが多くて。

そういう状況を想像しました。

あや
面白いなと思ったのが、そこにしっかりとした声質が大事だということなんですね。
トモヒロさん
そうですね。

内容が詰まってなくても、堂々としてたら、結果的に周りが助けてくれて、しかも周りも自分についてくるような状態になることが結構あったんです。

だから、堂々とした声質が一番重要なんです。

あや
いいと思います。

どうしても内容にこだわるじゃないですか。

でも、それは要らないということですよね。

トモヒロさん
声色と、姿勢とか話し方とか表情とか。

見た目が一番重要になってくるみたいな。

あや
姿勢とか声色というのは、結構体から湧きおこってくるものですよね。
トモヒロさん
そうですね、姿勢とかジェスチャーとか。
あや
体を使うという強みだと思うので、そこはすごくいいんじゃないですかね。

私はよくあります。

相手に強さを与えたいとき、腹から声を出せば自然とそうなるというのはあると思うので。

それができるって、体を使った強みだと思うので、ユニークでいいんじゃないかなと思いました。

6.懇談会

 

みんなで楽しく、真面目に恋愛について語りあいましたー!

まとめ

これからも、みんなで一緒に、愛のヒーロー目指してやっていきましょうね!

感謝と愛を込めて。

無料通信講座「復縁LINE術」を今スグ受講する

ABOUTこの記事をかいた人

永峰あや

6年間に及ぶ精神科病院での診療経験を基に、ゲリラな人間心理の専門家として活動中。電話相談師としての累計相談回数は11152件以上と圧倒的で、常に順番待ち。メールボックスには毎日喜びの声が寄せられている。相談内容は恋愛、仕事の悩み、人間関係、鬱など様々。相手を包み込むような愛情と、ガツンと響くストレートなアドバイスはとても人気があり、日本全国に数多くのファンを抱える。連日相談申し込みが殺到しており、今から申し込んでも相談は1ヶ月後より先になってしまうほど人気。現在は「恋愛相談師」として、特に復縁に悩む男性に向けて、自身の経験や、電話相談師として見てきた数多くの女性のリアルな意見を取り入れた復縁術を公開中。